人間が人間であることを生かし、企業を活かす―
MISSION
われわれは、2000年から20年間、常時約1500社、これまでに約7000社の企業と、日本有数の実践コミュニティを運営し続けてきました。
そして今日も、活発に活動がなされ、大きな成果を生み続けています。
そして一方では、数多くの企業の実践による膨大なデータをもとに、科学的な研究を進めてきました。
それが今日では、私たちの活動が、大学で教えられ、経済産業省の認定を受けるような評価に至っています。

そうした営みを経て、私たちは今、こう考えます。
仕事を通じて、一人ひとりのワクワク感が呼び覚まされ、創造性が花開くこと。
それが、仕事の成果・企業の業績を上げ、結果、その仕事や会社が社会に遺ること。
それが、これからのハイテックな世の中により一層大切なことであり、ビジネスや仕事の画期的な成果を生み出すひとつの道だと。

人間が人間であることを生かし、
企業を活かす―


それがオラクルひと・しくみ研究所のミッションです。



KOSAKA YUJI
小阪裕司
オラクルひと・しくみ研究所代表
博士(情報学)

九州大学 客員教授/慶應義塾大学クリエイティブ・ラーニング・ラボ上席所員/日本感性工学会 理事/経営情報学会 正会員/北米神経科学学会 正会員
私は、山口大学で「美学」(芸術学の一種です)を学び、卒業後、大手小売業・広告代理店を経て、1992年「オラクルひと・しくみ研究所」を設立しました。人の「感性と行動の科学」をもとにしたビジネス理論と実践手法(ワクワク系)を研究・開発し、2000年からはその実践企業の会「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰、その会には、現在全都道府県・海外から常時約1500社が参加しています。
近年は研究にも注力し、2011年には博士(情報学)の学位を取得。学術研究と現場実践を合わせ持った独自の活動は、多方面から高い評価をいただいています。
2017年からは、ワクワク系の基礎を全国の事業者に広める事業が経済産業省の認定を受け、全国の地域金融機関との協働も進んでいます。
WORKS
オラクルひと・しくみ研究所の産業分類は「経営コンサルタント業」ではなく、「学習支援業」です。
考え実践する力が身につく学習・習得のプログラム・システム&実践コミュニティ育成ノウハウがあります。
小阪裕司直結の実践の場
ワクワク系マーケティング実践会
企業/組織における
取り組み
業界ごとの
取り組み
地域における
取り組み

講演
著書
YouTube
小阪裕司チャンネル
ポッドキャスト
連載コラム

ABOUT
ORACULUM Co., Ltd.
オラクルひと・しくみ研究所は
「人間を人間として生かすことによって、企業を活かす」
学習支援企業です。



CONTACT
お問い合わせ・ご質問は
「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。