オラクルひと・しくみ研究所 小阪裕司
2022年ビジネス・商売ではずしてはならない3つのこと
講師 小阪裕司
会場 オンライン開催ですので、全国どこからでもご参加いただけます。
※参加者多数のため、カメラとマイクはオフでのご参加となります。
参加費 ワクワク系マーケティング実践会説明付きだから無料
支払
方法
クレジットカードのみとなります
対象 定員 先着250名
本セミナーはご好評につき、満員・受付締切いたしました。
講師プロフィール

オラクルひと・しくみ研究所 代表 / 博士(情報学)

山口大学卒業(美学専攻)。1992年「オラクルひと・しくみ研究所」を設立。
人の「感性」と「行動」を軸にした独自のビジネス理論と実践手法を研究・開発し、2000年からその実践企業の会「ワクワク系マーケティング実践会」主宰。
現在、全都道府県および海外から約1500社が参加。指導や個別コンサルティングをすることなく、事業者自身が考え・行動することを支援する独自の活動で、1万件を超える成果実例を生み出している。 誰にでも実践できる再現性を実証する学術研究にも邁進し、その研究で2011年に博士(情報学)の学位を取得。
学術研究と現場実践の両面からワクワク系の実践は生産性向上に寄与することが立証されており、現在、金融機関等との連携でワクワク系を全国展開する事業が、経済産業省の認定を受け進行している。
日本感性工学会理事、九州大学非常勤講師。連載・執筆多数、著書は『「顧客消滅」時代のマーケティング』(2021年2月・PHPビジネス新書)はじめ新書・文庫化・海外出版含む40冊。


成果の出る価値創造のやり方を誰もが活用できる再現性のあるものにするため、商いとビジネスの現場直結の活動と並行して研究にも邁進。価値創造型ビジネスの成立構造を解明、そのモデル構築及びコンピューターシミレーションモデルの開発に成功し、工学院大学大学院工学研究科情報学専攻博士後期課程を修了。博士(情報学)を取得(2011年)。

九州大学非常勤講師、 日本感性工学会理事、北米神経科学会(Society for Neuroscience )正会員

主な他社主催講演・セミナー実績

日本経済新聞社主催『日経MJセミナー』、楽天・商業界・資生堂・ジャパンエナジーなどの企業主催講演。学会、経済産業省や農林水産省など関連のシンポジウム、中小企業庁・全国の商工会議所・商工会連合会主催講演、客員教授を務める大学の他慶應義塾大学・中央大学での講義など、産官学にまたがり、年間80回以上の講義・講演を毎年行う。

主な雑誌連載・マスコミ出演実績

『日経MJ』に掲載のコラム「招客招福の法則」は、2003年から2016年まで500回を超える異例の長期連載となった他、「日本経済新聞」「日経MJ」「日刊工業新聞」などの新聞、『月刊商業界』『ダイヤモンドビジョナリー』『Think』『The21』『アントレ』『日経レストラン』『宣伝会議』などの雑誌、楽天・三菱東京UFJ・資生堂・キリンビール・東芝テックなどの企業内会報などでの連載・掲載多数。 エフエムヨコハマにてメインパーソナリティ。「NIKKEI×BS LIVE 7PM」生出演。他、NHK・FM東京・ラジオ日本出演等。 (2018年10月現在)

【追伸】
なぜ、ワクワク系マーケティングを広めるのか?

こんにちは。
小阪裕司です。
ワクワク系を実践して、驚きの結果を出した人たちの事例はご覧になりましたか?

私たちは21年間、「ワクワク系マーケテイング実践会」をやってきて、大量の研究と実践を繰り返し、この取り組みはとにかく結果が出るということを確信しています。

これは21年前は言い切れなかったことです。

しかし今日、お客様が人間であれば、どんな地域(あるいはネット)で、
どんな商売をやっていても、絶対に成果が出るという確証が得られました。

そこで、「これはクローズドにやっている場合じゃない!」とつくづく思い、
こういった説明会等を行い始めました。

一方で、良い仕事、真面目に仕事をやっている人たちが、
この商売の見方・知識・ 技術を知らないために…特にこの2. 3年、業績が落ちてくるなどで廃業がものすごい勢いで進んでいます。

でも良い仕事をしている人はいっばいいるのです。
これはまさしくワクワク系の見方、視点、技術を知らないため。
そのために経営に苦しんだり、廃業してしまうのは、放っておけません。

私は、ワクワク系マーケティング実践会と同じ期間、並行して人の心と行動に関して科学的な研究を進めてきました。

シンプルにいうと
・人はどう働きかけたら買いたくなり、買うという行動をするのか?
そして、どう働きかけたらファンになり、永遠の顧客になるのか?


ということについてです。

1999年に日本感性工学会という学会に入り、博士号の学位を取得するまで研究し、
その研究を、実践会で大量に検証してきました。

こうして科学的にも確証を得たことは誰がやっても必ず結果がでます。
それは、ワクワク系が"科学"だからです。

この、"人の心と血の通った商いの科学"を、ぜひあなたにも正しく知ってもらい、
使いこなせるようになるための、
小さな一歩をまず踏み出していただきたいと思っています。