TOP >  セミナー案内 >  セミナーレポート




第四回(全五回)「小阪裕司のビジネス人間学ゼミ2017」573

開催日
2017年11月9日

場所
東京

講師
小阪裕司

参加費
全5回 504,000円

いよいよ第4回を迎えた人間学ゼミ。

毎回、小阪が他所ではまったく話さない最新の研究内容や知見をお話しするこの人間学ゼミ。今回は小阪が10月にシンガポールで得てきた情報を題材に、「世界がこれからどう変わっていくのか」「その中で日本はどうなっていくのか」「その中で我々はどう思考し行動しなければならないのか」というテーマについて小阪見解をお話するとともにご参加のみなさんとディスカッションしながら深めていきました。

一見大きなテーマに感じますが、ご参加の会員さんからは世界の変化が自社のビジネスに即座に影響したという具体的なお話もあり、もはや他人事ではなく、みなさん深くうなずかれたり、気付きをメモされたりと濃密な時間を過ごされていました。

夜の部では昼の部を更に深めた話からはじまり、最後はスターウォーズの深い話も飛び出し、時間オーバー。

次回は2017年度人間学ゼミの最終回。またご報告いたします!





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 札幌」580

開催日
2017年10月30日

場所
北海道札幌市

今回は15名の参加で、札幌だけでなく、岩見沢、函館、苫小牧、北見、そして静岡県からつかり王こと浜ベジの池田さんも来てくれました。

入会したてで初めましての方も多く、まず最初に皆さんで1分自己紹介。その後おいしい料理を食べつつコミュニケーション。キングラン東海の原田さんからビデオレターによるゲスト出演!?笑)もありました。メッセージありがとうございました!

そして今回の企画である「ワクワク発表タイム」まねぶした結果の発表や、ワクワク系に取り組んで変わったこと、実績発表、ここでつまづいてますというお話、失敗談など、いろんな発表がありました。二次会も11名の参加でワクワク系話が止まらない!のですがお店の閉店時間になり、終了。

発表タイムの時間が、もっとあった方が良かったな~というのと、フィードバックの時間もあれば良かったな~というのが反省点ですが、何から始めたらいいかわからない!という方にとっても、つかる場となったと思います。

p.s 実はこの日、札幌駅あたりでスターウォーズのイベントが開催されていました。フォースが宿ったかも!?





第3回お勤め人向け・勉強の場587

開催日
2017年10月25日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

幹事
織田博行さん

今回で3回目を迎えた勤め人勉強の場、今回はテーマを「価値要素採掘マップ」と決めて実施に至りました。

そこでアクシデント!まずは発起メンバーでもある原鉄中塚さんがどうしても都合がつかず不参加の知らせが!と思ったら、つかり王こと、浜松ベジタブル池田さんも仕事が外せないと不参加の知らせ!(そこは同じ浜ベジ杉村さんと鈴木さんが参加し頑張ってくれました!!)

そして当日、残念ながら急な仕事が入ってしまった方、急病になってしまったリピートメンバーも合わさり参加者10名となりました!しかし、少数メンバーになったことでより濃密な時間を過ごせたともいえるかと思います。ということで、まずはワーク中の下の写真をご覧ください!

今回は初参加2名ということでまず自己紹介を兼ねたグット&ニューから、各自「勉強の場後の得たい事」を柱に貼っていきました!

その後、小阪先生の著書「価値創造の思考法」の最重要部分を、なんと!林さんがページと行をピックアップしていただけたので、それを読み合わせ時間を設け、その後2チームに分かれて代表者のテーマを勝手に価値要素採掘しまくりワークとその後、気づきのシェアという流れになりました。


<参加者のご感想>
『自社で価値要素を採掘した時とくらべて、他社事例の価値要素を考えるとすごく顧客目線で見られるということがわかりました。どうしても提供側になりがちなのでこれは発見でした』

『まだ価値要素採掘マップを知らなかったですが、読み合わせがあったので、スムーズに取り組みに入れました!(林さんありがとう!)』

『たくさんの気づきがありましたが、なかでも体験者の声を活用していくのが足りなかったし、その重要性に気づけました!』





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 甲賀」579

開催日
2017年10月25日

場所
滋賀県甲賀市

今回の場立ては、午後にショッピングセンターのワクワク系研修会を行なった夜に開催しました。

研修会には専門店オーナーやスタッフの他、滋賀県の大型店チェーン平和堂の支配人やスタッフも多数参加して、特別ゲストとして京都府宇治市の佐脇さんに講演をいただいた他、グループディスカッションを行いました。

ショッピングセンター以外から場立に参加を希望された米原市のまことや・中川さんも研修会に参加していただくことができました。

場立ては研修会より参加者は減りましたが佐脇さんにも参加いただき、12名で開催。

美味しい料理を楽しみながら佐脇さんを囲んでご講演内容のことや実践のこと以外にも話題はふくらみ参加者それぞれたくさんの気づきと刺激を得ることができました。
場立ての熱気をそのままに二次会も行い、23時ごろ解散しました。

参加いただいた皆さんありがとうございました。

開催地は滋賀の甲賀という僻地したので(笑)、参加いただける方が今回も多くありませんでしたが、参加できなかった方は実にもったいないことをされたのでは?(^_^)v





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 広島・番外編」578

開催日
2017年10月25日

場所
広島県

10月25日(水)、広島で場を立てさせていただきました。

今回の参加者は5名。語り合うには最適な人数でした。しゃべりすぎる人もいなければ、聞いてばかりで黙っているだけの人もなく、バランスよくみんなで各人の経験を追体験することができました。場立て人のファシリテーションは大したことありませんでしたが、参加者がメンバーシップを発揮して下さったおかげで、とても有意義な一夜になりました。

以下、ご参加いただいた方のご感想&Sutadyです。

■素敵なじかんをいただき、ありがとうございました。
いままで、毎月送られてくる情報誌を何気なくみて、自分の仕事にどうあてはめていいのかわからなかったのですが、今回出席させてきただき、皆様の小さな改善や、おもてなし、ひとを喜ばせる心が少しわかりました。
仕事柄、納期に追われ、イライラすることもありますが、みなさんの会話から感じたことを今日は1つ実行してみようと思いました。
とっても良かったことを、良かっただけにせず今日からがんばるぞっ! と思えた1日でした。

■毎日の暮らし方を、どのようにするかで、お客様との接し方や、仕事に影響してくるんだなって事が解りました。
生活そのものをワクワク系にすることで、自分自身がとても充実して悦びに満ち溢れてくるんだと感じました。

■会員の方が常日頃、何を感じてどう考えて仕事に取組んでおられるのかナマの声が聞ける貴重な時間を頂くことができました。

■肩のこらない場立ては初めてだったのですが、大変楽しくあっという間の3時間でした。新しい会員さと仲良くなる工夫なども学びになりました。





プレミアムコース特別定例セミナー572

開催日
2017年10月24日

場 所
新横浜・マルハチコットンスクエア

講 師
小阪裕司

ハロウィンのしつらえで、年内最後となる『プレミアムコース特別定例セミナー』を開催いたしました。今回は過去最高人数の参加申込をいただきました。

小阪が四半期に一度の行動指針をお伝えする『クォーターコンパス』は、「“現状”の改善の延長線上には、“未来”はない」という厳しい言葉から始まりました。
変化のスピードが加速する現代では、常識や固定観念を捨て、リスクを取りアジャイルに行動することが必要であることを説きます。

『伝説のエントリーに学ぶ』コーナーでは、小阪と肥前が今回のためにピックアップした事例エントリーをご紹介します。クリーニング・シルクの石井さんをはじめ、ご本人が会場にいらっしゃった事例についてはご本人のコメントを交えて解説しました。

次回の開催は、年明けの2018年1月10日(水)です。創発懇親会も、新春ということでちょっと豪華にホテルでの新年会です。回を重ねる毎にご参加申し込みが増えている大好評の定例セミナー、プレミアムコースの方は是非ご参加下さい!


<参加者のご感想>
有限会社朝日プラザ・山口英司さんよりいただきました






ワクワク系勉強の場 in 東京586

開催日
2017年10月23日

場所
東京都港区

幹事
花岡さん

私の名は花岡です。
青山で呉服屋を営んで、着物を通じて素敵に年を重ねるお手伝いをしています。
東京勉強会第三回目は、私の店を題材にして、参加メンバーと学びました。

メンバーの中から、ファシリテーターに●●だんなを指名して、いっしょにがんばりました。とてもいい仕事をしてくれて、スムーズに進みました。
当日は台風で一日中暴風雨の予報でした。勉強会も中止かと心配しましたが、参加メンバーの日ごろの行いがいいからか、当日の朝には過ぎ去っていました。

ドタキャンなしで全員参加出来ました。私を入れて13名でした。

まずは近況報告をしました。その後、店内見学の時間を取りました。私の店の仕組みは店内を見ても理解するのが難しいのです。なので、次に私へのインタビューコーナーを設けました。●●だんなからたくさん質問していただきました。

店の仕組みも社外秘ネタもプライベートのことも全部語りました。そして、次は参加者からの質問コーナーです。さらにあんな質問こんな質問にも全部答えて、とても充実した時間となりました。

情報量が多くて、お互いにインプットで精一杯でした。各自の店の型に当てはめて、アウトプットもしなければなりません。今すぐするべきです。アジャイルですね。

ハロウィンが近かったのと、私の店がブルーノートのすぐそばなので、最後は全員でコスプレ大会となりました。●●だんなが一人一人に見立ててくれたアイテムを装着したら、全員とても愉快な姿になりました。これで来年の社長のアカデミー賞カーニバルでは、全員ベストドレッサー賞確定です。ドレッサー賞対策までしているのはここだけかもしれませんね。

勉強会の後は、近くのスペインバルでワイン飲み放題でした。参加メンバーの皆様、お疲れ様でした。





ワクワク系勉強の場 in えひめ585

開催日
2017年10月23日

場所
愛媛県松山市

幹事
穂浪高士さん

皆様、お疲れ様です! 水道の蛇口からみかんジュースが出る愛媛より勉強の場のご報告です。

平成29年10月23日、18時からみっちり3時間、松山市の繁華街にて「えひめ勉強の場」が開催されました。参加者は14名。そのうち、オブザーバー参加は2名でした。

テーマは、「新規客獲得について」。
新規客獲得については、みなさんが悩んでいるところで、美容室、住宅セミナー事業、士業事務所について、会員の皆様が実際にやっている新規客獲得の取り組みや、これからの実践などを発表し、全員からのフィードバックをもらうという内容でした。

ITを使った美容室の事例や、住宅セミナーへのチラシによる集客の失敗例と改善案、士業事務所の相互紹介を得られるしくみなど、具体的な事例を考える材料とし、参加者メンバー全員で考え、全員に発表してもらいました。

その後、近隣の居酒屋に移動。懇親会は、オブザーバーのお二人が、最初は不参加ということでしたが、「参加したい」ということになり、ワクワク系の勉強の場の熱気を感じ取っていただけたのではとちょっとうれしかったです。

いつもそうなのですが、えひめの勉強の場のメンバーは、勉強会ではマジメで真剣な感じですが、なぜか飲み会になると声のボリュームが2割ほど上がるので、みなさん、飲み会で本領を発揮するタイプなのかな?と勝手に思ったのでした。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in さいたま浦和」577

開催日
2017年10月23日

場所
埼玉県さいたま市

場立て人
小川淳さん

10月23日(月)、当店「きもの おがわ屋」を会場に、「さいたま浦和場立て」を開催いたしました。
出席者は、場立て人夫婦を含め、10名でした。
第1部は、13時~17時まで。

出席者の方に、前もってご連絡をしておいた、「悩みごと」「お困りごと」を
持参頂いた資料をもとに、皆でざっくばらんに議論、検討いたしました。

開催したイベントの結果や問題点などをシェアしたことは、とても参考になりました。
「こちら側は、当たり前と思っていたことが、実はお客さまには、伝わっていなかった!」
このことをもとに、案内はがきを大幅に見直した結果、来場者も増えたという事例は、衝撃でした!

また、初めて出す「ニューズレター」の原稿をもとに、「こう直した方がいいんじゃないか?」「紙面の構成は、こうした方がよいのでは!」など、具体的に皆で検討したことは、ご本人にも参考になったようです。

また、当店の雰囲気も実感して頂き、アドバイスをいただけたことも、とても嬉しいことです。

第2部は、近くの魚と日本酒が美味しい居酒屋に場所を移し、後から参加の二人を加えて、楽しく先程の延長を。
場を移しての話しは、また違う切り口で、こちらも有意義な時間となりました。

「場立て」は、勉強の場とは、また違う探求ができて、とても意義のある「集い」です。
ご参加下さいました「ワクワク系同志の皆さま」ありがとうございます!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。





ワクワク系勉強の場 in 大阪584

開催日
2017年10月19日

場所
大阪府大阪市

幹事
高崎真一さん

<テーマ エントリーするぞ!!>

前回の大阪勉強の場で、実践会の活動の質を上げるためには、まず行動してエントリーをすることが大切だよね!と言うことでエントリーをやる事を誓い合いました。(←少々アルコールが入っていましたが・・・)それを考えて、今回はエントリーに特化して全員エントリーできる方法を考えました。

参加者が決まった段階で資料を送ります。
今回は時間がないかもしれないので、自由にまとめたものでもいい事にしました。
どうしても手書きでまとめたい方もいるからです
そしてまとめたものを人数分当日に持ってもらうようにメールいたしました。

全員に発表内容資料を配りこれを3分以内に発表してもらう事にしました

参加者 13人です


参加されて皆さんがより思考を働かすために、全員がフィードバックする事にして、ポストイット一枚に次の二つの点を書いてもらうようにしました。

1、良い点(GOOD)
2、もっと良くなる方法(BETTER)

最初から批判すると、エントリーする意欲が失せるかもしれないので、上記二点に絞りました
そうしてこれを眺めならより良いエントリーになるように、また、先にもっとアジャイルが起こる事を期待したわけです。それも、他のメンバーの頭を使って!

タイムスケジュール
18:00「軸がブレない健全な学びのために」を全員でブロックごとに交代で読み
18:10場を和ますためにクシュボールを使って「グッド&ニュー」をやりました。
18:203分間の個別発表をしました

机はお互い近くになるようにあえてコの字にしないようにしました


各自、3分の発表ですが大体7分ぐらいかかりました
あまり、さっさと進みすぎてはいけないと思い、多少のオーバーは目をつむりました。
創発する事が目的です。


<各自の発表のサマリー>

・FP事務所熊谷 熊谷さん
今年4月入会の方で、とりあえずやってみた事と言う事で、大阪市の施設にチラシを撒いてセミナー集客する方法、ニュースレターなどを報告されました。

・いただきますネット 宮瀬さん
主にネット販売を担当されていて、通販なのに手書きの手紙を入れる事により、顧客との絆が作れる事を報告されました

・いただきますネット 杉森さん
自社の立地が転勤者が多い事に目をつけ、転勤で来られたママがママ友以外にお店とこういう関係になればという仮説を立て、「お母さんが子供に本の読み聞かせ」をする事を考えたというとても斬新な報告をいただいた

・K&B 久保さん
「100まで歩こう会」という顧客の会を作り、顧客に万歩計で歩いた距離を申請してもらうものでその時にコミュニケーションの機会があり、絆作りのバッチリの方法を報告されました

・IRIS かなやさん
ニュースレターを再発行した事を報告されました。色が綺麗で、アメーバーブログに誘導するように工夫がされていました。

・3年B組 小川さん
歌謡バー3年B組で毎日PDCAを書く事で始め、「期末テスト」という楽しいイベントをやった事を報告されました。まだまだ発展しそうです。

・紅谷 辻さん
伊勢市で洋菓子屋をやっておられ、今までショートケーキは破棄がもったいないので今まで中止したのが、なんと月2日の限定予約販売という手法で売り始めた事を報告されました

・宿屋きよみ荘 山田さん
宿のすぐ裏が琵琶湖の湖水浴場という立地を生かして、7月、8月の売店をシャワーの売上の推移おおすごい!3桁万円やがな!かき氷の売り方、優しい旦那の大きな看板と自分が書いたPOPを報告されました。

・薩摩太郎院 川端さん
バイヤーに向けて自社の高級な銀河坑道プリンのを売り込むのに、消費者の行動にフォーカスしてやる方法を報告されました。見事です。

・土肥忠商店 土肥さん
浸かり王(池田克信)さんとお話しして、「ここで考えてみよう」とエントリーはした方が良いよと言われて、スタッフが「ここ・・」に投稿した「よくあるQ&A」ができて良かったという発表でした。

・射場石利石材 射場さん
毎日来たくなる石屋さんを目指して、ユニークなメダカ給食当番、サワガニ給食当番、マリオの福笑い、夜の石あかりなど動機づけられ、自分へのご褒美に出張先のホテルでマッサージを受けたらしい。もう一つは「お客様の声」をどう捉え、いかに集めるかというもの珠玉でした

・たかさき歯科医院 高崎さん
Google mapに評価星一つがついてしまったので、これをなんとかするための対策を5つ考えて報告しました。ついでに、3人の衛生士さんが妊娠して、大変な時はこう考えようと提案しました。

・京都はさみ職人 オオタさん
当日に大阪勉強の場に乱入するという大胆さ!HPを見た人が香港で法人から講演を依頼されるほどの国際派、この事をいうと、地元商工会議所の助成金の対象になるしてよとプッシュいま審査待ちという、豪腕なわらしべ長者状態を報告されました。


本当に素晴らしい報告ばかりで「その後どうなったんや?」と思う人はワクワク系のサロンで読むか、大阪勉強の場に来て聞いてください。

最後にみんなでフィードバックした事を自分の紙に貼って持ち帰りました。後で報告書を読むとさらに隠れていた意味がよくわかります。

最後に射場さんからより深い理解を得るために、報告書を事前に読んでくる事でもっとよくなるのではないかとの提言がありました。

次回は鹿児島で賞をとった川端文雄さんが幹事で1月16日頃を予定しています。

その後、同じビルの居酒屋でより深い創発をいたしました。
仲間で集めっていると同業者組合の時のように浮きません(^^)

(秘密情報)
会場のビルの3階には徳兵衛大明神があり皆さんの商売繁盛を祈念しました






ワクワク系勉強の場 in 豊橋583

開催日
2017年10月18日

場所
愛知県豊橋市

幹事
花木さん

10月18日(水)に、「勉強の場 in 豊橋」を開催いたしましたのでご報告致します。

【今回のしつらえ】
今回は、幹事をOA推進センターの花木さんが担当して下さり、「顧客の旅デザインマップ」の「新規客の地」のワークに皆さんと取り組みました。参加される方には、事前に「顧客の旅デザインマップ」の概要について、実践術DVDや「価値創造の思考法」で予習頂いての参加としました。

【当日】
当日は19名の方が参加されました。幹事の花木さんの司会の下、最初に自己紹介、ガイドライン読み上げの後、ワークを開始。新規客の地の仕組みについて、自社で出来ている事、これからやりたい事を棚卸しし、その後1人2分30秒でワークの内容の発表を行いました。周囲からのアドバイス等は時間の都合上、場立ての場に譲る事としました。

【気付き】
今回、ベテランの神道さんや、浜ベジの池田さん等もいらっしゃった事もあり、圧巻の実践内容を共有して頂く事が出来ました。これまで、フォーマットを決めずに実践の共有をしていた時に比べ、「新規客の地の仕組み」という頭で実践内容を聞く事が出来たので、参加者の方の頭への入り方も違ったのではないかと感じます。同じフォーマットで語り合う事、またワークをして自社の棚卸しをしてから語り合う事が良い学びを生むのだという気付きがありました。

【反省点】
毎度、時間の管理が課題で、発表が時間を超えてしまう事が課題として感じています。ファシリテーションのやり方を今後検討していきたいと思います。とはいえ、今回も大盛り上がりの学びの多い場となりました。幹事を務めて頂いた花木さんには感謝です!






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 豊橋」576

開催日
2017年10月18日

場所
愛知県豊橋市

場立て人
原田浩史さん

10月18日(水)、豊橋市にて9回目の場立てを開催いたしました。下記の通りご報告致します。

【今回のしつらえ】
今回は幹事をOA推進センターの花木さんが務めて下さりました。花木さんが司会とガイドラインの読み上げをして頂き、途中の進行もお任せしました。同日、勉強の場を経て、懇親会を兼ねた場立てとなっております。

【本番の流れ】
当日は21名の方が参加頂けました。東海圏外からは、神奈川の亀川石材の亀川さんや、埼玉のすまいるてえぶるの藤沼さんもいらっしゃいました。きもの和楽かね宗の石川さんは、新横浜で実践講座に出た後で来て下さりました。勉強の場からの流れもあるし、初めての方も少ないので、自己紹介タイム等は特に設けず、皆さん各々でテーブルを動きながら情報交換を楽しんで頂きました。

【振り返って】
豊橋の場も9回目という事もあってか、お互いの事を良く知る同志として絆も随分と深まって来ました。慣れて来た間だからこそ話せる会話も飛び交い、厚みのある場になってきたのを感じます。豊橋の場のメンバーの実践を情報誌で取り上げて頂く事も増えて来ました。しばらく実践が滞っていたけど、この場で実践の敷居の低さを感じ、すっきりして帰られた方もいらっしゃいました。良い場に育ってきたなあとしみじみ感じました。

今後も、3カ月に1度のペースで続けていきたいと思っております。幹事を務めて頂いた花木さんに感謝しております。





ワクワク系実践講座2017・第4回571

開催日
2017年10月18日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

ファシリテーター
青野志のぶ

全5回の「ワクワク系実践講座2017」、第4回となる今回も、前回と同じく参加者お一人ずつの実践報告およびフィードバックでした。

前回「動機付け」の実践報告をされた方は「絆づくり」を、前回「絆づくり」をされた方は「動機づけ」を今回の課題としました。仮説を立てて実践し、その結果(または途中経過)を発表するという前回に続いての内容です。

仮説を立てるためには、まずは自社・自店の現状を把握する必要があります。すると、「ウチのお店、ここが抜けていた・・・」や「知らぬ間にできていた」ことに気付いたという方が多数いらっしゃいました。
この講座では、課題=『実際に考え・行動する機会』をとおして『行動したからこそ気付けるものがある』ということを実際に体験できるのです。

次回はついに最終回です。『前年比200%目標』を達成すべく、これまでの成果を存分に発揮して下さい!


<参加者のご感想>
旬味よしべえ・長縄利佳子さんのご感想


シャイな匿名希望さんのご感想






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 横浜」575

開催日
2017年10月17日

場所
神奈川県横浜市

場立て人
近藤さん

全国のワクワク系マーケティング実践会のみなさま、こんにちは。はじめまして。わたしは横浜の燃料サービス業の近藤です。

場をリセット明けして久しぶりの場立ての舞台は横浜みなとみらいのハードロックカフェにしました。

「しつらえ」としては、にぎやかでノリのいいところにしようと思いました。ただ・・・その日がちょうどライブのある日でしたので会話がなかなか聞こえませんでしたね。

横浜で集客&販促のコンサルをやられている山田さんはわたしの背後にあるリンゴスターの本物の衣装にコーフンしていました。わたしは高校生のころにあこがれだったレスポールの本物のレスポール(ギターの形式名)が目の前でコーフン!亀川さんはデカいハンバーガーと格闘中でした。

山田さんは「まだ実践を始めていなかったのでとりあえず場立てだけでも申し込んでみました」とのことでした。素晴らしい。アジャイル!そう、ワクワク系ではとにかく「場に浸かる」ことが重要と、どこかの王様も言っております。

最近は「第二の浸かり〇」なんじゃないの!?という亀ちゃんの行動範囲に驚愕しているこんちゃんです。わたしも彼らを見習うべくできる限りにあちこち出張しております。「動きながら考える」ことが大事だな~っと痛感しています。

場立ては参加してくださる会員の方々からいろいろなことが学べて出会いが絶え間なく続く「楽園」「オアシス」かなと思います。ご参加のみなさまありがとうございました!




ワクワク系勉強の場 in 武蔵野582

開催日
2017年10月16日

場所
東京都武蔵野市

幹事
大代賢太郎さん

今回は10名に参加していただき、勉強の場・武蔵野を開催しました。
内容は前回と同様『価値要素採掘マップ』を使って既存商品の掘り起こしをおこない、そこで出た価値要素をメッセージとしてA4チラシに落とし込むというもの。

今回は後藤自動車の後藤さんと押し花工房 和(なごみ)の片岡さんに資料を用意していただき各商品を掘り起こしました。
毎回掘り起こされる方も、掘り起こしをおこなう方も脳に汗をかきつつ、新たな気づきがある『価値要素採掘マップ』。

あるメンバーが「自分の扱っている商品は、ちゃんとお客様目線で考えていると思っていたものが、いつの間にか自分の目線からのことばかりを伝えてしまっていることがある」。それを「呪い」(笑)と表現していましたが、私自身も気を付けなければと肝に銘じました。

そんな中で出来上がったチラシは持ち帰って直ぐにでも使えるものばかりで、視点を変えるだけで、これだけ多くの発見があること改めて思い知ることが出来たのではないでしょうか?

その後の懇親会でも、「○○さんのお店で買い物をして情緒的な体験をしてきた」「掘り起こした価値要素からライティングページを作ったら結果が出た」など場立てのような雰囲気となり大いに盛り上がりました。





ワクワク系勉強の場 in 東北581

開催日
2017年10月15日

場所
宮城県仙台市



<参加者のご感想>
2日前の仙台の説明会でご入会、さっそく勉強の場に参加された鈴木さんからご感想をいただきました。

---
2017 10.15 「東北勉強の場の感想」
今回10月13日の仙台での説明会に参加したのは、小阪先生の話が直接聞けるからでした。
知るきっかけはテンポスさんがfacebookに今回の仙台での説明会を取り上げていたのを見て気になり、YouTubeで小阪先生の話されている動画を観て興味を持ったからです。
実際当日会場に行くまでは全く何の情報も敢えて入れず、予備知識は動画で観た一度だけという状態で行きました。
小阪先生の話は実に素直に納得させられるものでした。
一人での参加でしたので、何をどうすればいいのか分からない私に、安斎さんが誘い水となってくださいました。
ありがとうございますm(_ _)m

2日後の勉強会にお誘いを受け、今思うと何も知らない状態だったので行けたのだと思います。
勉強会では、皆様の名前やお仕事の認識も無く、話されている事を聞いてるだけで精一杯でしたが、誰かが発言すればそれへの質問やアドバイス、発案等積極的に行われていてとても刺激的でワクワクしました!
成る程!だからワクワクマーケティングなんだ!と勝手に解釈した次第です。
難しいことは分かりませんがご指導宜しくお願い致します。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 立川」574

開催日
2017年10月11日

場所
東京都・立川

場立て人
池田克信さん

浪人時代、高円寺に住んでおり、高尾までの中央線沿線のほぼ全ての駅に想ひでのカケラが…と勘違いしていました。今回選んだ立川駅には全く想ひでのカケラは何一つ記憶に無かった為、東京の出張(正確には幕張…千葉ですが)に合わせて「想ひでのカケラ」をつくる場立てを「超ワガママ」にやってしまいました。また、私自身、一度に大人数の方々の組織運営に不安があったため、「しっぽり」と7名限定とさせていただきました。

当日は19:00に立川の居酒屋に集合して、少人数ながら大いに創発させていただきました。

オフィスYENの山口さんの「著書の話」に驚き、HOYAサービスの林さんの「実践に対する意気込み」に震え、ワクワク系ほぼ同期の金子さんの「これが初場立てです」に感動し、スマイルてえぶるの藤沼さんの「終始学びの姿勢」に気づきを得て、あのスーパーパート高橋さんの「人を想う心」に憧れ、クロバー株式会社の冨上さんの「業界変革の想い」に共鳴し、ベネヴィベレの磐梨さんの「情緒的設えの話」に愛を感じ…。とにかくあっという間の約3時間でした。

「POPやツール…」などのいわば「目に見えるモノ」が重要ではなく、かのサン=テグジュペリの「星の王子さま」の中の言葉『「ほんとうに大切なモノは目には見えないんだよ」という言葉こそが本質を現しているのではないか?』という発言も飛び出して、非常に学びと気づきに溢れた創発の場となりました。
実践が進んでいて結果も出ている方、進めてはいるが結果の見えない方、実践とは?という方、どこから始めたら良いの?という方…。現状は様々ですが、「ワクワク系の道を知りたい!」という心は皆同じだと感じました。

また今回は少人数限定としてしまった為、多くのキャンセル待ちの方々にはご迷惑をおかけしてしまいました。せっかくの参加表明を頂いたのに、お応えできずに本当に申し訳ありませんでした。今回の参加の方のご協力の元で「申し訳動画」を送らせていただきましたが、まだ胸につっかえるモノがあります。是非皆様ともじっくり「場」でお会いしたいです。

今回の気づきを活かし、もっと多くの方々との創発が出来る場を考えたいと思っております。私の不徳の致すところですが…、私自身「場立て人」をする事で、更なる「ワクワク系的視座」の拡がりを感じております。さらに皆様のお役に立てる「場」を設えて行きたいと思います。今後もよろしくお願いします。





ワクワク系実践スタートアップセミナー・第3回567

開催日
2017年10月4日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

講師
肥前利朗

ワクワク系に出会い、実践会に入会したものの、何から始めればいい?やり始めたけど正しいの?正直なところまだよくわからない・・・、などの不安や悩みをお持ちの会員さんに、実践の初動段階の心構えや実践を続けていくコツをつかんでいただく「実践スタートアップセミナー」。

講師は元会員でもあるワクワク系チーフエバンジェリスト・肥前利朗。“参加者に事前に提出いただいた実践報告の個別解説”、“小阪と先輩実践者との対談形式セミナー収録映像(DVD)の聴講”、“ワクワク系実践のポイントとスムーズに実践していくコツをつかむための講義”の3つのコンテンツで構成しています。

今回は定員20名を越えるお申込みをいただき、1人でも多くご参加いただけるよう、机は使用せずシアター形式のレイアウトにしました。机がない不便さ以上に、参加者同士の距離が近く、和気あいあいのフランクな雰囲気になりました。

今回聴講したセミナーDVDは、しゃべくり情報誌で小阪のお相手を務めてくださっている「社長のアカデミー賞2004」グランプリ受賞の朝日山千葉悦三商店(一般的に言う酒屋さん)・千葉剛章さんがゲストでした。年に18本しか売れなかった日本酒を3200%売り伸ばした、千葉さんの実践初期の姿から学びを得ました。

DVD視聴後はシェアタイムを設け、落とし込みます。続いて、肥前自身の実践を含めた先輩実践者の事例詳細を題材に、実践においてつまずきやすい点とくぐりぬけるコツなどを解説しました。

セミナー後の懇親会は、セミナー時間内で収まらなかった質疑応答や意見交換が活発に行なわれ、より一層深い創発の場になりました。


<参加者のご感想>
大喜興業株式会社の森川亮さんよりいただきました


株式会社大沢組の大澤克行さんよりいただきました






第三回(全五回)「小阪裕司のビジネス人間学ゼミ2017」566

開催日
2017年9月20日

場所
東京

講師
小阪裕司

参加費
全5回 504,000円

小阪が他所ではまったく話さない最新の研究内容や知見をお話しすることから、「ワクワク系で一番謎で、一番濃い」といわれる「人間学ゼミ」。今年も10名のメンバーと第3回を迎えました。

今回は池袋にある重要文化財「自由学園明日館」で開催しました。建物のあまりの素晴らしさに、ゼミ冒頭に見学会を実施。みなさん熱心に見学されていました。

最初はみなさんの近況報告からスタート。その後、小阪講義がスタート。人間学ゼミ、今年の大テーマは「生き抜く力」ですが、その中で今回のテーマは「イノベーションと脳」。
「赤ちゃんのやっていることは○○学習である」「現実世界と可能世界」「イノベーターの共通項」などなど、一見商売とは関係ないことのようでいて実は深くつながっている話が展開され、小阪の投げかけに対するみなさんからの質問やディスカッションありと、今回も深い濃い時間となりました。

そして!今回の夜の部はなんと!!
仮面ライダーレストラン「仮面ライダー ザ ダイナー」へ。みなさん童心に帰り、楽しんでらっしゃいました。
それにしても「サイダーマン」はいいにしても「イカでビール」って・・・(笑)





小阪裕司大推薦の学ぶ映画・無料上映会&小阪裕司が映画を題材にして
ビジネスと人生の学びを語るセミナー(通称「シネマセミナー」)565

開催日
2017年9月19日

時 間
16:40~19:00 「無料映画上映会」
19:15~20:15 「小阪裕司セミナー」
20:30~22:30 「セミナー終了後分かち合い会」

場 所
東京・下北沢

講 師
小阪裕司

参加費
「無料映画上映会」:無料
「小阪裕司セミナー」:10,500円(税込み)
「セミナー終了後分かち合い会」:10,500円(飲食費・参加費・税込み)

何の映画を観たかは参加者だけの秘密!というワクワク系名物シネマセミナー。今回で42回目を迎えました。
下北沢の映画館「トリウッド」で、小阪裕司厳選の映画を観て、その後、小阪が制作者の意図に関係なく勝手な読み解きを約1時間語るというユニークなセミナーです。

今回はシネセミ史上初のビジネス系映画でした。世界を変えることだけしか頭にない人間と、その周りで翻弄される人々。多くの人の人生が様々絡み合いながら行き着く先には・・・。
鑑賞後の小阪の読み解きがご参加のみなさんにも大好評で、「現実歪曲空間」というこの映画のキーワードをもとに、「ワクワク系のみんなは…」「私の会社では・・・」と分かち合い会でも盛り上がりました。

とても人気が高く毎回大好評のシネセミは、昨年から早々に満席・キャンセル待ちが続いております。次回12月開催もすでに満席!(ありがとうございます!)
ぜひ毎月のレターをチェックしていただき、素早いお申込みをお願いいたします。


<参加者のご感想>
坂井善三商店の坂井祐江さん(妻)


坂井善三商店の坂井清峰さん(夫)




次のページ >   
123456789101112131415161718192021222324252627282930