TOP >  セミナー案内 >  セミナーレポート




第二回(全五回)「小阪裕司のビジネス人間学ゼミ2017」525

開催日
2017年7月13日~14日

場所
初島

講師
小阪裕司

参加費
全5回 504,000円

「ワクワク系で一番謎で、一番濃い」といわれる「人間学ゼミ」。

2017年第2回の今回は、1泊2日の合宿回。向かった先は首都圏から一番近い離島「初島」。熱海港から高速船で約30分です。

今回はスペシャルゲストとして、神経科学の専門家でありDancing Einstein代表の青砥瑞人さんと西條美穂さんをお迎えしました。

眼前に海が迫る会議室で、「神経科学の基礎」から、「感情」「モチベーション」「ストレス」などの日常の現場に活かせることまで、幅広い内容を科学と脳の視点から分かりやすくお話いただきました。
ご参加のみなさんはふか~くうなずいたり、「あぁ~」と気付きのため息をついたり、活発に質問したり、議論したり。

帰路ではみなさん「すごく面白かった~!!」「商売に活用できることがたくさんだった!」と感想をおっしゃっていました!
とにかく濃すぎる内容にあっという間の2日間でした。

2日目講義終了後には熱海の来宮神社へ移動。みんなでご祈祷を受け、大充実のゼミ合宿となりました。

青砥さん、西條さん、ご参加のみなさん、ありがとうございました!





プレミアムコース特別定例セミナー524

開催日
2017年7月12日

場 所
新横浜・マルハチコットンスクエア

講 師
小阪裕司

年に4回の開催をお約束している『プレミアムコース特別定例セミナー』。2014年1月開催「第1回アストロ会員定例会」(2016年1月に現在の名称に変更)より数え、15回目の今回は歴代最高83名の方々にご参加頂きました。

今回は、会員さん同士の活発な交流を図っていただけるように、開場を30分早めさらに名簿の配布を行ないました。お呼び出しのご希望にすぐ応えられるようにと青野もスタンバイ。みなさん積極的にお声がけや名刺交換され、交流の輪がどんどん広がっていきました。

そして、前回予告していましたカッコいい名札兼出席カードの正式版です!
ご参加毎に出席シールを貼りますので、毎回お忘れなくお持ちください。

今回の「クォーターコンパス」では、【HRD(ヒューマン リソース デベロプメント)=人的資源開発】と【ビジネスモデルの変革】について、限られた時間いっぱいに小阪が熱く語りました。

セミナー後半では、「他社の実践を自分のチカラにする」と題し、小阪と肥前の二人で情報誌未掲載分からピックアップしたエントリーに対し事例解説を行ないました。エントリーされたご本人が会場にいらっしゃる事例では、実践の背景や後日談などのお話を聞くことができ、より学びが深まったように思います。

講義の合間には気付きのシェアタイムと休憩を設けておりますが、創発が進み、ほとんどの方が席を立つことなく休憩なしで語っていらっしゃいました。それでも時間が足りずまだまだ語り足りないご様子。続きはセミナーの第二部といえる夜の創発懇親会で!


<参加者のご感想>
くつろぎカフェ研究所株式会社・橋本真里さんよりいただきました


有限会社ビクテム・齋藤融さんのご感想


ネット通販事業を経営されている匿名希望さんのご感想






ワクワク系実践スタートアップセミナー・第2回523

開催日
2017年7月4日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

講師
肥前利朗

実践の初動段階の心構え、実践を続けていくコツを学んでいただくために開催している「実践スタートアップセミナー」。
チーフエバンジェリスト・肥前利朗が講師を務め、“参加者が事前に提出した実践報告のポイント解説”“小阪と先輩実践者との対談形式セミナー収録映像(DVD)の聴講”“ワクワク系実践のポイントとスムーズに実践していくためのコツをつかむための講義”の3つのコンテンツで構成しています。

事前に提出していただいた実践報告を題材にして肥前がポイント解説や個別アドバイスを行うコーナーでは、実践者自身で気付かなかったことや気付かずやっていた・できていたことなどをピックアップし、改善すべき点や続けていくべき点を具体的にわかりやすくご説明します。ご本人はもちろんですが、他の参加者さんにとっても有意義な創発の時間になりました。

今回聴講したセミナーDVDは、「社長のアカデミー賞2011」グランプリ受賞のビューティーケアつかもと・塚本和也さんの回。入居するショッピングセンターが苦戦する中、毎年右肩上がりの売上を継続している塚本さんが仕組みの達人と言われる理由を探ります。

DVD視聴後はシェアタイムを設け落とし込み、そして再びの肥前レクチャーに続きます。肥前自身を含めた先輩実践者の事例詳細を題材に、実践においてつまずきやすい点とくぐりぬけるコツなどを解説しました。

セミナー後の懇親会では、セミナー時間内で収まらなかった質疑応答や意見交換が活発に行なわれ、ワクワク系への理解も参加者同士の交流もより深いものになりました。


<参加者のご感想>
PRIMEPAGE・洞地一德さんより


株式会社浜松ベジタブル・杉村瑠璃さんより






青野志のぶプロデュース・一生財産セミナー
「ニューズレター1年分のネタを1時間で出せるようになるセミナー」522

開催日
2017年6月28日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

講師
出村邦彦先生

前日行われた「手書きチラシ書き方セミナー」でも講師を務めていただいた出村邦彦先生を、贅沢にも2日連続でお迎えし、「ニューズレター1年分のネタを1時間で出せるようになるセミナー」を開催致しました。

前日のセミナーとは異なり、考えて書く時間が満載。
出村先生ご指導のもと、頭に汗をたくさんかいて1年分のニューズレターのネタの基を思いつく限り書きだします。

「ニューズレター」ってつい堅く考えてしまう方も、ちょっとしたコツがわかるとスラスラ。
「難しく考えなくてもいいんだよ」という先生のお話しに、だんだん書く事が楽しくなってきます。

出村先生は大変なアイデアマンで次から次へと新しいことを思いつくので、ヒントになるちょっとした一言が随所にちりばめられ、先輩実践者としての誇りも感じます。

出村先生、
2日間ありがとうございました!


<参加者のご感想>
匿名希望さん


株式会社アルファ美輝・木田倫子さん


匿名希望さん






青野志のぶプロデュース・一生財産セミナー
「手書きチラシの書き方セミナー」521

開催日
2017年6月27日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

講師
出村邦彦先生

『青野志のぶプロデュース・一生財産セミナー』は、ワクワク系の実践をサポートするオラクルの専門ではない分野の専門家を青野が厳選してお届けするセミナー。3ねんぶりの開催となりました。

今回の講師は古くからの会員さんでもいらっしゃる“全日本手書きチラシ研究家”の出村邦彦先生。

レクチャーの後、小さい作品作りからスタート。最初は手が止まりがちだった皆さんでしたが、徐々にコツをつかみ、クレヨンや絵の具、筆ペンなどを使って、ステキな作品が出来上がりました。

慣れてきたところで、いよいよA4サイズの チラシ作り。
講師からヒントをもらいながら、みなさん真剣にチャレンジされていました。

「まだチラシを書いたことがない。」「絵も字も苦手…」とおっしゃる方も、終わってみたら、「勇気が出た」「早速かえって書いてみる」とおっしゃっている方、帰られてすぐ実践され、その様子をエントリーしてくださった方もいらっしゃいました。


<参加者のご感想>
匿名希望さん
楽しく勉強していただけてよかったです♪


有限会社朝日プラザ 菊池瑠美さん 
楽しくかけてチラシになる。神髄です。


株式会社浜松ベジタブル 杉村瑠璃さん
上の方に頼み込んでのご参加、早速実践&エントリーもいただきました。






ワクワク系勉強の場 in 東京536

開催日
2017年6月26日

場所
東京都

幹事
西島達志さん

テーマは「発見力、質問力、抽象化力を高め、そこから課題設定をし、自社に適した具体策に落とし込む力を高める」です。
(テーマは、発起人のネオママさん、エディ花岡さん、ジーマで相談して決めました)

勉強会はまず西島眼鏡店に集合し始まりました。

最初に参加者の方々にお伝えしたのは、西島眼鏡店を見て戴くことが、視察ではなく、上記テーマの為の素材であるということです。
西島より店内設えや仕組みをお話しさせて戴くなか、参加者は、質問の作り込みをしました。その後会場を別会議室に移しました。
そこで、作り込んだ質問を、要素抽出の為に西島に投げかけていくのですが、進行役となって下さった花岡さんの、学習の先導の仕方がとても学びになりました。

質問の核心をあらわにしつつ、質問者と回答者を繋ぎ、情報を引き出していく様は、とても刺激的でしたし、ワクワク系を学び実践する者としてこのスキルは身に付けるべきと感じました。
互いがもつ能力を共有しつつ、自らの能力を高める。
私見ではありますが、これからの東京勉強の場の在り方を予感させるような場面でした。
そして、要素が明確にされた質問と回答の遣り取りに、大きな学びがあったことは、言うまでもありません。

懇親会は、樋口◯◯だんなさん、古藤トン子雅代さんが工夫して下さり、参加者が満遍なく話し合えるとても良い場となりました。

また、皆さま方には、弊店に関するご意見も頂くことができ、大変に有り難かったです。

そして、最後に参加者、桐山きりやんさんから頂いた言葉をお伝えします。
「自分が楽しみながらやることを忘れずに」

関係者全ての皆さまに御礼申し上げます。


<参加者のご感想>
参加者の感想






ワクワク系勉強の場 in えひめ535

開催日
2017年6月26日

場所
愛媛県

幹事
河上貴之さん

ワクワク系という同じフレームをもち、共通言語があり、概念や視点が同じ仲間との勉強会を、活気のある、アイディアがあふれる勉強の場にしたいと考えました。

前半部分は、動機付けについて学びました。

ちょっといつもとのやり方を変えて、活発にアイディアが出るように、グループセッションをしてもらいました。

みんながしゃべり、いろいろなアイディアが出ることが理想だと考え、創発できたら最高だなと考えたからです。

1つの題に関して、みんなさんの経験や、ワクワク系的にはこのようにすればいい!というアイディア出し!

今回は、僕が主催だったので、7月17日僕が主催の森源太トークライブを成功させるために、このチラシをどうやって配布し、動機付けして、ライブに集客するか?を皆さんで討論していただき、後ほど、発表していただきました。

4人のグループに分かれ、一人1分も持ち時間をフルに活用し、自分の考える方法を発表しあいます。その後、グループで考えをまとめ、グループリーダーが発表するという形式です。

チラシの持ち込み先をたくさん教えていただくことができたり、大学の音楽サークルの人たちにチラシを配布して、興味を持ってもらったり、サイクリング関係の方を動機づけしたり、子どもさんがいる塾、公民会、おもちゃ屋さん、幼稚園なども、いいのではないか?

100名集めたいのであれば、身近な友人、知人を中心に声掛けしていくのがいいのではないか?一本釣りがいいのではないか?

森源太さんのメッセージをきちんと伝えてあげると、動機づけられる!

インフルエンサーの方に口コミしてもらう!

PTA関係者がはやいのではないか!などなど!たくさんのアイディアを頂くことができました。

皆さん、素晴らしいアイディアをありがとうございました!

その後は、参加者の理髪店の方から、前年対比で売り上げを上げるためにどうしたらいいか?というお題を頂き、再度、グループセッションをしました。

消費者的な考えで、お客様が離れる接客と離れない接客がある、シャンプーなどのグッツを買っていただくとか、メニューを多くして、新規顧客を獲得するとか、家族で来てもらうとか、季節ごとのスタイル提案でおしゃれ度を上げる。

かっこよくなったお客様は友人に「どこの散髪屋で髪切った?」と聞かれ、紹介が発生するから新規顧客が獲得しやすくなる!など、ここでも、たくさんのアイディアが出てきて、理髪店オーナーはとても喜ばれていました。

その後は、お客様との絆つくりでの成功事例を発表してもらいました。

金婚式を迎えたお客様に「賞状をつくり、ご夫婦のお名前をいれたポエムをつくり、ご結婚された年の硬貨をそえてプレゼントされたら、かなり喜ばれて、絆が深まったということでした。

お金をかけなくても、素敵なアイディアで、感動を呼ぶ絆つくりのご紹介をありがとうございました。

その後、おひとりおひとり発言をしていただき、黙って聞いているだけという方は一人も作らず、運営できました。

異業種の成功事例って、実は自社へも取り込みやすく、参考になったことが多かったと思います。

今回は、とても活発な意見、アイディア出しができたし、話をすることで、コミュニケーションも取れて、本当に充実したと思います。

これが、ぼくの人にフォーカスするやり方。ワクワク系で学んだことを還元できたと思います。

ありがとうございます!

この後、懇親会でも3時間話しっぱなしで、閉店を迎えました。

素晴らしい仲間に恵まれて、参加された皆様に感謝、感謝!ワクワク系マーケティング実践会に感謝、感謝!





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 神戸」533

開催日
2017年6月22日

場所
兵庫県神戸市

場立て人
杉下さん

「6月22日に神戸にて、場立てを開催いたしました!

今回は、ワクワク系マーケティング実践会の会員さんである佐藤さんのお店・穴子料理専門店「韋駄天」にて開催いたしました!(ここでの開催は、昨年の9月以来の2度目で、今回も、定休日に私たちだけのためにお店を開けてくださったんです!!もちろん貸切です!!)

前回同様、穴子を使った様々な料理をいただいたのですが、前回よりもはるかに美味しいと思ったのは、私だけでしょうか?・・・同じ穴子なのに、食べ方によって、これだけ味が違う。そして、それが、どれも美味しい!!・・・という感じで、絶品の穴子料理にみなさん、驚嘆しながらの場立てでした!

そんな美味しい料理を食べつつも、話す内容は真剣そのもの。

久々に会う仲間もいるので、まずは、近況報告をしつつ、ここ最近、どんな実践をしているかシェアをしたり、これから、何をすべきかなど、和気藹々としつつも、真剣にワクワク系の実践を進めるべく、いろいろな情報交換をさせていただきました!

今回、参加してくださった皆さん、お疲れ様でした!

そして、次回、またお会いする際に、いろいろなシェアをすべく、ワクワク系の実践を、より一層、加速してまいりましょう!」





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 甲賀」532

開催日
2017年6月22日

場所
滋賀県甲賀市

場立て人
塚本和也さん

当地のショッピングセンター アル・プラザ水口専門店会の会員の6社8名と県内の会員2名、そして静岡からつかり王こと浜ベジの池田さん計11名での開催となりました。

事前に参加者の皆さんより自己紹介情報を集めて人数分印刷し配布しました。
共有したのは以下の情報です。

1.お名前
2.会社名(店名)
3.世間で言うところの業種
4.簡単な自己紹介 3行程度(笑)
5.ワクワク系で最近の実践(実践した事・してみたい事でもOK)
6.仲間に聞いてみたいこと

会場の甲賀市水口町は不便なところにあるため、ショッピングセンター専門店以外で参加してくださった3名の方はいずれも宿泊で、幸い開始2時間前くらいにお集まりいただけたので私の店を見ていただき、直近の講演資料を基に、つかもとの実践の振り返りを駆け足でシェアさせていただきました。お一人は初対面でしたが、場立てまでに打ち解けることが出来、いいアイドリング運転となりました。

またショッピングセンターの専門店会主催で一昨年からワクワク系による顧客作り研修事業を行っていて、専門店会の会員が固まって存在する特殊な環境であることなどの事情を説明することができました。

会場はショッピングセンター飲食店街のお好み焼き・鉄板焼きのお店を設営し、「とろける近江牛」他の鉄板焼きと「お好み焼き」を用意しました。

プロフィール資料を用意したこと、11名と手頃な人数だったこと、また日頃から顔見知りの8名と、あと3名とも打ち解けていたことなどがうまく働いたようです。何も特別な働きかけはしなかったのですが良い具合にそれぞれが語り合いはじめ、料理を食べるのそっちのけでいろんな話に花が咲きました。

正直なところ地元の参加者とわざわざ来てくれたメンバーでは意識の差が大きくてうまくかみ合わないのでは無いだろうかと心配していたのですが全くの杞憂でした。私の心配をよそにワクワク系の共通言語で、熱心に語り合い、質問し合い、創発し合っている光景に感動するとともに、胸をなで下ろしました。みんな目がキラキラしていました。

途中で一度席替えをして、ほぼすべての方と会話できるようにし、最後に一人一人、今日の感想を発表し合って2時間で場立てを終了しました。しかし語り足らず、11名中9名で2次会へ。散会したのは12時前でした。場立てをしてほんとに良かった。又是非こういう機会を作ろうと思います。

場立てin甲賀は少し特殊な環境での開催でしたが、地元以外から来られた3名の方が場に「よそ者」のエネルギーを注入してくださり、それがお互いの創発を生み出すエネルギーとなって化学反応を起こしたように思います。

場立て参加ベテラン(笑)・浜ベジの池田さん、会員歴10年以上で実践歴もすばらしいマコトヤの中川さん、昨年入会ながら実践に手応えを感じるリーガルシューズ彦根店の中川さんにあらためて敬意と感謝を申し上げます。


私的感想
「場立て」「つかる」ことのパワーをあらためて体感し、おはずかしながらようやく腹落ちした気がします。今回おそらく適正な規模だったこともあると思いますが、良い雰囲気でした。

(プレミアム定例セミナーの後の懇親会はすごいエネルギーですけれど、やはり人数が多すぎますよね。)


参加者それぞれが頭の中に様々なアイデアが降ってきたのではないでしょうか。
そして池田さんと話していてある事に気付きました。私が入会した頃、もちろん場立てなどは無かったのですが、私は入会初年度に覚悟を決めて参加出来る機会があった名古屋でのクリスマスパーティー(セミナー含む)、アカデミー、パワパに参加していたんです。

ちゃんと私もつかってたんですね。きっとそれもその後の実践の加速や実績につながったに違いない・・・と今回の場立ての体験で気付いた次第です。

こんな事ならもっと早くやったら良かった!と思ったりもしますが、後悔しても仕方ないので、今後早めに次の手を打ちます。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 千葉」531

開催日
2017年6月21日

場所
千葉県

場立て人
小山直子さん

梅雨らしい天候の中、6名の同志が集まりました。

自己紹介の際、皆さんに「人生で初めて見た映画」をお話しいただきました。子どもの頃のことなので、アニメが多かったですね。中にはバイブルになっている映画や好きな俳優さんの話をされる方も。皆さんの年齢が比較的近かったこともあって、共通の話題ができて一気に和やかな場になりました。

6名のうち、半数が会員歴1年未満だったこともあり、実践されている先輩方の話(もちろんご自分のことも!)を紹介したり、入会したものの何をすればいいの?というお悩みを共有して意見を出し合ったりして有意義な時間を過ごしました。

特に、小阪先生が事例として取り上げられる大先輩のバイク屋さんは千葉県にあるということに、入会間もない方は驚いていました。実は、私の実家から1キロも離れておらず、私も初めてその事実を知った時は「えっ、あのお店が!?」と驚いたものです。(スティーブさん、すみません)

場立てのルールが改正されたら、また集まりましょう!ということで散会しました。

ある方が、仕事の都合でセミナーなどには参加できなくても夜に開催される場立てなら出られる、こういう機会がもっとあるといい、とおっしゃっていたのが印象に残りました。同志のリアルな話を聞くだけでも勉強になります。また機会があれば、場立て人に立候補しようと思います!





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 豊川」530

開催日
2017年6月20日

場所
愛知県豊川市

場立て人
原田浩史さん

6月20日(火)、豊川市にてBtoB場立てが無事開催されました。下記の通りご報告致します。

【今回のしつらえ】
5月9日に開催された、勉強の場連絡協議会での学びを得て、「場立て」を、単なる飲み会でもセミナーでもないが、何かを楽しみながら、語り合いながらワクワク系の学びを得る機会と捉え直し、今回の設計を致しました。豊川に来て頂くので、豊川にあるキングラン東海の見学を頂き、その後勉強会を設え、場立てで締める、という形を取らせて頂きました。

【キングラン東海 見学会】
13:30より、キングラン東海にて、会社説明会・見学会を開催しました。最初に、ワクワク系と当社の出会い・実践と成果を外化させて頂き、その視点を持って頂きながら工場を見学。最後に、当社の名物イベント「カーテンツリンピック」にチャレンジ頂きました。当社の事を外化する機会は、設える側のキングラン東海メンバーも大変勉強になりました。

【価値創造型法人営業勉強会】
15:30より、勉強会を開催。各社が記入してきた会社の事や実践について、各社3分毎に発表していきました。発表毎に、フィードバックシートを記入し、終了後、各自にコピーを配布し、各社からの感想をお伝えしました。この設えは毎度やっておりますが、参加者の皆さんの実践を広く浅く知るという意味で、参加する意義があると思っております。

【場立て】
18:00より、場立てがスタート致しました。最初にガイドラインの読み上げを行い、目的を共有した後、乾杯。学びを深める目的で、今日の感想と最近の実践の共有を、1人2分程度で行いました。また、最後にカーテンツリンピックの順位発表等を行い、盛り上がりました。

【二次会】
20:30より二次会へ。濃いメンバーの皆様の個性が爆発した二次会でした♪熱く語りながら、突然冗談で盛り上がる、素敵な大人たちの集いでした。その後、三次会に行ったメンバーも…

【振り返り】
今回、「場立て」を私なりに「単なる飲み会でもセミナーでもないが、何かを楽しみながら、語り合いながらワクワク系の学びを得る機会」と捉え、設えました。場立て人がホストとなり、皆さんにどうしたら楽しんで頂けるかを考え、設え、実施する。この事から沢山勉強になる事がありました。形式的な発表も盛り込みましたが、参加された皆さんのキャラも助けとなって、堅苦しくない場立てになったと思います。この学びを次回に引き継ぎ、B to B場立てを盛り上げていきたいと思っております。






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 新横浜」529

開催日
2017年6月20日

場所
神奈川県横浜市

場立て人
近藤さん

全国のワクワク系マーケティング実践会の同志のみなさま、こんにちは。いつもお世話になっています。神奈川県横浜市の燃料サービス業の近藤と申します。よろしくお願いします。

今回は、せっかく新横浜サロンの近くに居ながらサロンをあまり使っていないと遠方の会員の皆さまに叱られそうなのでサロンで先輩方の事例を「ただ読みふけるだけ」の自習学習の場と考えました。

さて、今回は「ただひたすらに先輩の事例を読みふける自習学習の場」としたのには他の意図も少しだけありました。それは、「仲間が何を悩んでいるか?どんな壁にぶち当たっているか?」をみんなで事前共有することで自分事が他人事になり、他人事も自分事に感じられることもあるのでは?と思ったしだいです。

まずはじめにホワイトボードに

1.今、何の実践に取り組んでいるか?
2.今、何で悩んでいる・壁に当たっていると思うか?

のふたつを書いていただきました。

「ワクワク系に入会したばかりで実践を始めてないので悩みは無い。」そういう悩みもあるんだな~。

わたし(近藤)が書いた「(21日間信者化プログラムの)“思いがけないプレゼント”がよろこんでもらえない・・・」というのがわたしの今のところの悩みですが、鶴見さんと亀川さんが「たぶん、喜んではいるのじゃないですか?ただ言葉にしないだけで。」と言ってもらえました。自分ひとりでは見えなかった気付きでした。

新横浜サロンに来る前に「サロン利用案内」を読んで来てくださいとみなさんに伝えました。高さんはご自分のノートパソコンでDVD(セミナー?)を見ていました。亀ちゃんはCDプレイヤーで花伝オーディオ倶楽部を聴いているようすでした。わたしは鶴見さんにずっと話しかけてしまってごめんなさい。

その後、高さんが仕事が入ったそうでお帰りになりまして、残りの五名はワクワク系の聖地?「浜一番屋」に吸い込まれて行くのでした。

今回は見事に!?業種がばらばらでしたが、みなさん「同業じゃないほうが視点が違ってたのしい~♫」と言っていましたが、わたしも同感です。

わたしが特に印象的だったのは美容室の保苅さん。お店(一店)をたったふたりで切り盛りしている店長さんです(二店舗あります)。でもそのふたりで「グッド&ニュー」をやるというのを聞いて、「スゲー!」と言いました。そして「マッサージが得意で頼まれるがメインメニューとしてはいけない。カットがメインですから。」とビシッとおっしゃってました。鶴見さんは社内勉強会もしているそうです。わたしは、みなさんにグータッチの先輩事例を教えてた・・・なぜか。でも喜んでもらえました。

となりのIT系橋本さんが亀ちゃんにIT関連のレクチャーを熱く語っていました。(今度内容教えてください亀ちゃん!)

「浜一」を出たときみなさんと握手を交わしましたが、急に思い出して、みんなで“グータッチ”をやったらなんだか分からないですがたのしかった~!!!

とてもたのしい頭がぐるぐるする創発いっぱいのたのしい場立てになりました。
ご参加のみなさまに熱く御礼申し上げます。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 鹿児島」528

開催日
2017年6月20日

場所
鹿児島県

第2回目となる今回の鹿児島㏌場立ては梅雨真っただ中での開催でした。
開催前日までは青空も見えていた鹿児島でしたが、当日は大雨・・・
場立て人の日ごろの行いがよくなかったのかと反省をしつつも、ほぼ全員がご参加いただきました。(残念ながら久富木原さんがケガのために不参加になりました。)


<自己紹介>

今回2回目で入会歴1年前後の方が多いので自己紹介からスタート
自己紹介では簡単な会社紹介とともに、なぜ来たのか?や、参加するにあたっての思い等を語っていただきました。
皆さん熱い思いをもって参加して頂いた熱量が伝わってきました。


<日頃の取り組みの共有>

日頃から職場で取り組んでいる事例を話しされる方、「何をどう取り組めばいいのだろう?」とアドバイスを求められる方など、場立てで『気付き・まねぶ』を得ようと話を熱心に聞きながらメモを取ったり、他のメンバーさんが事例やアドバイスをされたりと大変な盛り上がりでした。


<最後に>

入会1年ほどで場立て人に立候補しましたが「参加してくれる人がいるのだろうか」とか「当日の進行はどうするの?」と始まるまでは心配ごとがテンコ盛りでした。
始まってみると前回ご参加のメンバーの皆さん、初参加の皆さん、大分から今回もご参加いただいた金丸さんと沢山の方々が集まっていただけて本当によかったです。
皆さんの取り組みや熱い思いに触れて自分自身も大変勉強になりました。
最後にご参加いただきました皆様に感謝いたします。





ワクワク系勉強の場 in 武蔵野534

開催日
2017年6月19日

場所
東京都武蔵野市

幹事
島良一さん

6/19、武蔵野プレイスにて「勉強の場in武蔵野3」を開催。
今回は10名で行いました。

以前、さいたまの勉強の場でも行った「価値要素採掘マップ」を使い、実際に手書きチラシまで作ってみるというものです。

難易度は高いですし、しっかりと意味を理解してないと取り組めません。ということで事前に全員に「価値創造の思考法」の本を買って頂き、また当日抜粋で本を読み合わせし、挑戦しました。

2班にわかれ、掘り起こす人をじゃんけん等で決めて、早速みんなで掘り起こしました。価値要素を掘り起こすときは、無責任に思ったことをどんどん付箋に書いていきますが、それがとてもおもしろく、掘り起こされる方は、思いもがけない角度から掘り起こされるので、ついていけずぽかんとクチを開けている感じが本当におもしろかったです。

今回は時間を決めて、最後にみんなで掘り起こした価値をチラシにして、もう一方の班に発表しました。

やってみて、時間があっという間に過ぎてしまうこと、自分のことのように掘り起こす姿に、掘り起こされたメンバーが感動していたこと。新しい思いもしないヒントがあったこと。掘り起こしただけで終わりではなく、チラシに落とし込む、完成させる、というのもポイントだと思います。

次も絶対にやろうという話になりました(笑)
ワクワク系はいろいろなことが学べますが、この価値要素採掘マップは真骨頂ともいえるものですので、武蔵野のメンバーで今後もマスターしていきたいと思います。





小阪裕司大推薦の学ぶ映画・無料上映会&小阪裕司が映画を題材にして
ビジネスと人生の学びを語るセミナー(通称「シネマセミナー」)511

開催日
2017年6月13日

時 間
16:40~19:00 「無料映画上映会」
19:15~20:15 「小阪裕司セミナー」
20:30~22:30 「セミナー終了後分かち合い会」

場 所
東京・下北沢

講 師
小阪裕司

参加費
「無料映画上映会」:無料
「小阪裕司セミナー」:10,500円(税込み)
「セミナー終了後分かち合い会」:10,500円(飲食費・参加費・税込み)

こんにちは!肥前です。

何の映画を観たかは参加者だけの秘密!というシネマセミナー。
今回開催が41回目と人気のロングランセミナー。今回も40名満席のご参加をいただきました。ありがとうございます!

新海監督の聖地ということで一躍有名になった下北沢の隠れ家的映画館「トリウッド」で、小阪裕司厳選の映画を観て、その後、小阪が制作者の意図に関係なく勝手な読み解きを約1時間語るというユニークなセミナーです。私肥前も当日まで何の映画を観るかを知らないので、毎回ワクワクしております。

今回の映画は・・・と内容やタイトルは言えないのですが、会員さんの感想からどのような映画だったかご想像くださいませ。

とても人気が高く毎回大好評のシネセミは、昨年から早々に満席・キャンセル待ちが続いております。ぜひ次回もお早めにお申込みくださいませ。


<参加者のご感想>
合同会社titiコーポレーション 藤井朋子さん


株式会社アベニュー 阿部幸央さん






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 梅田」527

開催日
2017年6月7日

場所
大阪府梅田

場立て人
川畑さん

3月の場立て報告で、「次回6月(今年2回目)の場立て、なにを散りばめて、みなさんの創発にどう貢献できるか、自分のワクワク深度をどう深めていくか、いろんな散りばめを考えていきます。

この場立てに参加して、なにか創発のヒントをもらったり、まねぶしたり、ワクワク系の深度が深まっていくきっかけの場になると嬉しいです。」なんて言っていたら、もう6月の場立てです。月日の経つのは早いですね

今回は実際の場立ての前にICT(情報通信技術)を使ってWebでの創発も試みました。結果的に5人の参加(場立て参加者以外も含め)になりましたが、結構濃い創発ができました。

これは場立てというより少人数でなにか創発の場みたいな使い方が適しているように感じました。全国のワクワク系の仲間のみなさんと時間と距離を越えて、こういうICTの技術も使って創発の場ができるようにまた試して行こうと考えています。

今回の場立ては、定員19名に対して19名(男性14名、女性5名)、今回も満員御礼でした。(残念ながら1人は当日急用で欠席でした。次回お会いできるのを楽しみにしています。)

さて、今回も料理はもちろん美味しい、サービスもよく、若い大将がイケメンの浄正です。ワクワク系で2階貸し切りです。

今回は、北海道、静岡、千葉(修行期間のみ関西)からの参加がありました。これまた、みなさん凄い行動力です。北海道の和田さんは、わざわざ今回の場立てに本業のスケジュール調整をして参加していただきました。みなさんにお土産まで頂き、ありがとうございました。

静岡の池田さんは、つかり王の称号を小阪先生から授かったみなさんよくご存知のあの方です。池田さんは忙しい中、九州から駆けつけてくださいました。酒井さんは経営者用戦闘スーツ製作修行で関西にこられていて今月千葉の原隊へ復帰されました。自衛隊員?でもあられるようです。

これだけでもとても凄い場立てなのに、当日はダースベータ帯留めをしたきよみ荘女将の山田喜代さんがライトセーバー持参でこられました。わざわざ刀入れ袋に入れて持ってこられたのです。しかもあの日は雨でしたのに。これまた本当に凄い。喜代さんありがとうございました。みなさんフォースも授かっていましたよ。なんでも途中交番に寄って道を尋ねられたそうで、長いライトセーバーには職務質問はなかったとのことです。(^^)

今回も、創発をより多く起こすために、まずは1人3分の自己紹介タイムです。この自己紹介にもいつもの一工夫いれました。そうここの場立てでは質問や突っ込みなしの聴くだけのタイムです。関西人には、これはある種の拷問ですね。(^―^)

これは参加のみなさんにしっかり傾聴してもらって、次の質問タイムや自分のワクワク系に取り入れることを考えてもらいたかったからです。

3分タイマーセットで時間がきたらブザーがなります。これも、3分を有効に使ってもらいたいということを意図していました。これだけでも約1時間かかりますね。でもみなさん、流石です。時間内に終わり、しっかり傾聴され、メモも取られていました。

みなさんの頭の中に波動が起こり、創発につながったことと思います。






ワクワク系実践講座2017・第2回510

開催日
2017年6月7日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

ファシリテーター
青野志のぶ

先月に続いての開催となりました「ワクワク系実践講座2017」の第二回。

この「ワクワク系実践講座」は年間5回の連続講座で、第二回から第四回はファシリテーター青野による実践編という構成になっています。今回は、「顧客の旅デザインマップ」ワークショップを行いました。

ワークショップを行うにあたり、思考が偏らないように、またアイデアのバリエーションが深く多くなるようにと、同一法人や同業種の方が同じグループにならないように着席していただきました。

考え方を導く青野のガイドにそってワークを進めます。考え、付箋に書き出し、マップに貼り付け、グループのメンバーに向けて発表(外化)します。グループでのシェアタイムでは、思いつくままに話すアイデアや意見交換の中で新たな気付きが生まれたり、逆に出来ていないことや不足していることなどが浮き彫りになったり…。ひとりでワークを行なっていては決して得られない貴重な体験です。
付箋の見直し・修正・追加は適宜行なっていくので、ワークの最初に作ったものと最後のものを比べると付箋の数も多く内容も充実したマップに変わったのが目に見えて分かります。

お約束通りの「次回までの実践課題」が出され、次回の開催ではこの課題の実践発表&フィードバックを行ないます。


<参加者のご感想>
有限会社サクライ 櫻井康雄さんのご感想


旬味よしべえ 長縄利佳子さんのご感想


Hair&Nagomi ToMas 吉田瑞稀さんのご感想






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 甲府」526

開催日
2017年6月5日

場所
山梨県甲府市


それぞれがニューズレターを持ち寄り、あるいはHPアクセス状況などをもとに活動状況を交流しました。

人数が4社6名だったのでじっくりと深く、考え方を述べ疑問点をぶつけました。

楽しいひと時でしたよ。世代的にも同じような参加者だったので良かったのかな?





初開催!「ワクワク系的ビジネスモデル再構築合宿」509

開催日
2017年6月1日~2日

場所
熱海

講師
小阪裕司


こんにちは!肥前です。
次回開催は未定、ここから何かがはじまる予感たっぷりの「ワクワク系的ビジネスモデル再構築合宿」。
オラクルが常々お世話になっている、60年余の歴史を刻む熱海の温泉宿「三平荘」にて開催しました。

ご案内では
「この合宿は、「商売の未来」を展望し、
ビジネスモデルを見直し、再考し、
事業を戦略的・システム的側面と
「現場でやるべきこと」の両面から考え、
組織や人材をどう育成するか、
ワクワク系をどう浸透させるかを知り、
そんなこんなを夜な夜な議論もする    
というものです」
とお伝えしておりましたが、まさにその通りに講義中からみなさんの活発な議論が展開され、夜の部でも日付が変わるまで続きました。
にも関わらず2日目はみなさんかなりはやめに集合。今回の合宿への期待と意気込みを感じました。

小阪自身も冒頭「もっと小阪裕司を使ってほしい」と申し上げたとおり、今回の合宿では2日間通じてマーケティングの話は一切なし!ビジネスモデル、システム思考、学習科学、人材育成、組織浸透など、これまであまり会員さんに分かち合ってこなかった小阪の専門領域の講義となりました。

ご参加のみなさん、ありがとうございました!


<参加者のご感想>
朝日ウッドテック株式会社 海堀哲也さん


株式会社浜松ベジタブル 池田克信さん


千壽庵吉宗 奈良本店株式会社 山本隆子さん






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 西三河」516

開催日
2017年5月30日

場所
愛知県岡崎市

場立て人
石川雅康さん

5月30日(火)、岡崎市にて第2回目の場立てを開催いたしました。下記の通りご報告致します。


【場立て開催にあたり】

前回出来なかったまな板の鯉をなんとか実施&成功させたいと、今回は準備をしっかりと行いました。

1.場立て人である自分の開催に掛ける想いを説明&当日の流れを事前に手紙で郵送し、念のためメールも送付。

2.参加者の自己紹介&ワクワク系との馴れ初めを語ってもらい、場を和やかに♪

3.4月開催の豊橋の勉強の場で、自分が体験したまな板の鯉での気づきから作ったエントリーを配布。実際に頂いたアドバイスを元に変更したDMのビフォアアフターも添えることで、まな板の鯉を分かりやすく説明。また新たな試み、鯉さんが包丁に切られた傷みを回復する『水を得た魚タイム』を周知。

以上の3点に注力して準備しました。今回はまな板の鯉の創始者でもある岐阜の場立て人、武藤さんや『浸かり王』こと浜ベジの池田さんも参加表明頂いていたので、気合いを入れて望みました。開催3日前には前回飛び入りのおさピーさんも参加表明を頂き、前日には渡辺さんも参加連絡を頂きました。これで前回から倍増の12名と、『これは愉しくなるぞ~♪』と開催が待ち遠しい場立てになりました。


【当日の流れ】

準備バッチリ♪と当日を迎える予定が、最初からトラブル発生でした(涙)。今回は天野さんのアホやねん本店で行ったのですが、おさピーさんがなんと前回会場の東岡崎店の最寄り駅に行かれてしまい、大急ぎで迎えに行きました。連絡の徹底不足を反省です。19:30の開始時刻から5分ほど遅れて到着、皆さんにご迷惑をお掛けしました。

その後も天野さんのお店のしつらえに皆さん興味津々で、なかなか乾杯の挨拶にたどり着けません。天野さんの生ワクワク系実践に触れる感じで、刺激を吸収しようと皆さん目がキラキラ輝いていました。

その乾杯の挨拶は、実践歴が最長の長田さんにして頂き、自己紹介&ワクワク系との馴れ初め話へ。この馴れ初め話、とっても盛り上がりますね。共通する話題を話す効果&ワクワク系が持つパワーを知りました。またその馴れ初め話で、実は武藤さんがイチバン会員歴が長いという事実を知ってビックリなど、良い感じで進みました。食事もアホやねんのオーナー天野さんこだわりの肉を溶岩プレートで焼いて食べるという、美味しい&貴重な体験もでき、参加された皆さんも満面の笑顔でした。

そして、場も盛り上がってきたところで、まな板の鯉がスタート。まずは事前に準備した自分の体験事例紹介をさせてもらい、『人にフォーカス』視点での意見出しをお願いました。トップバッターの鯉には天野さんが立候補、求人広告がイマイチヒットしないとの悩みのタネをお話し頂きました。実際の求人広告を見ながら様々な意見が飛び出し、「なるほど~」と感心しつつ&それぞれが自社への応用も出来るのでは?という視点でも捉えられたのではと思います。

2番目の鯉には入会間もない小田さんが勇気を持って立候補、自社の現在の悩みを語って頂きました。それに対しグランプリホルダーの原田さんやおさピーさん、池田さんの意見などはサスガの視点で、小田さんもとても勉強になったと仰って頂きました。

トリを勤めたのは、なんとおさピーさん。ワクワク系のレジェンドでも悩みがある、という事実は自分や今回初参加の会員さんも勇気づけられたのでは、と思います。また全体を通してまな板の鯉の創始者、武藤さんの鋭い発言というか包丁さばきはお見事で、バッサバッサ3枚に悩みが切り落とされるのは快感でした。

事前に想定していた、傷ついたハートを癒やす、『水を得た魚タイム』は不要でした!

予定時間を大幅に超えてしまい、1次会はお開きに。残ったメンバーでそのまま2次会へ突入しました。ここでは久し振りにお酒の入ったおさピーさんの毒舌トークが炸裂し、「ブラックおさピーが見られた!」と一部のワクワク系マニアから大好評でした(笑)。


【振り返って】

今回、場立て人として司会を務めましたが、ファシリテーターとしての力量不足を感じました。特にまな板の鯉では学びが一杯の意見がたくさん出たものの、発言者が偏るなど、全員が忌憚なく意見を言い合える環境作りが出来なかったことが、反省点として上げられます。

ワクワク系のレジェンドの方々を前に、初参加の方が手を上げて意見を述べるのは、想像以上に勇気が必要です。そこへの配慮が足りなかったと猛反省です。天野さんのお陰で場のしつらえや開放感がとても良かったので、発言を順番に回すなどの仕組みがあれば、もっと皆さんが深く学び、愉しめたのではと思います。

次回は岡崎の場立てに合流し、神道先輩のお家でのバーベキューを愉しんで頂く予定です。生憎自分は仕事で参加出来ない可能性が大ですが、第4回の場立てin西三河開催に向けて力を付けたいと思います。ステキな創発な場をもっともっと愉しむぞ~!



次のページ >   
123456789101112131415161718192021222324252627