TOP >  セミナー案内 >  セミナーレポート




ワクワク系実践スタートアップセミナー@大阪662

開催日
2018年6月27日

場所
梅田センタービル(大阪)

講師
肥前利朗

大阪では約2年ぶりの開催。講師は、ワクワク系チーフ・エバンジェリスト肥前利朗です。ワクワク系のセミナー参加が初めてという方も多く、始めは緊張気味の雰囲気でした。

事前にいただいた実践報告では、皆さん「絆づくり」「動機付け」と目的をはっきりと持っての実践で、素晴らしい成果報告がたくさんありました。
レポートだけでなく、ご本人からの詳細な実践説明、肥前のツッコミ質問での掘り下げ・改善点などのレクチャー。初心者だけでなく、ご入会数年目の方々のリードもあって、皆で気付きのシェアができました。

その後、小阪と先輩実践者との対談形式セミナーDVDを視聴。今回自分の出演DVDを皆が観ることを知ったシルク・石井さんから、参加者全員に最新号ニューズレターのプレゼントが届き一同大喜び!先輩、ありがとうございます!

肥前の講義でセミナーは終了。続く創発懇親会も活発な意見交換の場となりました。おつかれさまでした!


<参加者のご感想>
株式会社ドラッグほうれん草・稲垣恵美さんの
当日の気づき・学びで印象に残ったこと


hanare・堀善弘さんのご感想






小阪裕司大推薦の学ぶ映画・無料上映会&小阪裕司が映画を題材にして
ビジネスと人生の学びを語るセミナー(通称「シネマセミナー」)661

開催日
2018年6月12日

時 間
16:40~19:00 「無料映画上映会」
19:15~20:15 「小阪裕司セミナー」
20:30~22:30 「セミナー終了後分かち合い会」

場 所
東京・下北沢

講 師
小阪裕司

参加費
「無料映画上映会」:無料
「小阪裕司セミナー」:10,500円(税込み)
「セミナー終了後分かち合い会」:10,500円(飲食費・参加費・税込み)

今回も定員43名満席、20名近いキャンセル待ちとなりました。ありがとうございます。その43名が観た映画は!・・・。

いつからかどこからか、「シネセミで観た映画のタイトルは口外してはいけない」という掟があります(オラクルが作った掟ではありません)。申し訳ありません、タイトルが書けません。そのレポートを書くと言うのは毎回大変です(笑)。

ただ今回のご感想には皆さんやたらに「試練」「越境」「運命」「開花」の言葉が出てきます。そう、神話の英雄物語系の映画だったことは確かです。そしてそれらの言葉以上にでてきたのは「聖剣」!さて、何の映画だったか、ご想像下さい。

映画は想像できても、そこから制作者の意図無視で読み解く小阪解説が想像できないのがもどかしいところ。

70代の参加者の方がご感想に、「もう自分は歳だしゆっくり!という気持ちになっていたように思います。今一度人生をやり直してみたい気持ちになりました。ありがとうございました。今回の参加素晴らしかったです。」と書かれていました。

どうぞ次回も早々にお席を確保してお出まし下さいませ。


<参加者のご感想>
株式会社ドラッグほうれん草・森さんのご感想






ワクワク系実践講座2018・第1回660

開催日
2018年6月11日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

ファシリテーター
青野志のぶ

この「ワクワク系実践講座」は全5回の連続講座で、第一回は肥前による講義、第二回から第四回はファシリテーター青野による実践編、第五回は総括という構成になっています。

第二回には、「顧客の旅デザインマップ」ワークショップを行い、これから実践すること、それは何のためにやるのか、どういう優先順位なのかなどを洗い出します。

青野のガイドにそって時間の限り考え、付箋に書き出し、マップに貼り付け、発表(外化)し、フィードバックを受ける。1人では決して得られない貴重な場です。

最後には「次回までの実践課題」として、1週間以内に次回までの実践計画を提出すること、そしてそれに従った実践が課されました。

次回の開催では全員1人ずつ実践発表。
ライザップのような「やれば必ず成果がでる」全五回講座。
今から最終回が楽しみです。


<参加者のご感想>
株式会社下川薬局・濱田和孝さんのご感想






地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in さいたま浦和」655

開催日
2018年6月11日

場所
埼玉県・浦和

場立て人
島良一さん

6/11(月)に場立てを開催しました。浦和は利便性がよいためか関東全域からご参加いただき、17名ご参加ということで場立てとしてはかなり大人数でした!

3グループにわけ、1グループ5,6名で実践していることや、やりたいけどわからないこと、煮詰まっていることなどを各々発表。白熱しました。

場につかったあとは、酒につかる(笑)ということで、第2部は参加可能な皆さんで飲みました。とりとめのないユルい話もしましたが、ワクワク系のコミュニティならではの、商売に対する「本音」も語り合うことができ、コミュニティそのものの価値を再認識することができました。つまり仲間っていいなぁ〜!ってことです。みんな、また2ヶ月後に会おうね!





「法人場立て in 横浜」654

開催日
2018年6月5日

場所
神奈川県横浜市

6月5日キャメロットジャパンにて、法人場立てを開催しましたので報告します。

当日は、プリ場立てシートを用いて、お客様へワクワク系マーケティングの取り組みと課題。社内にワクワク系マーケティングをどのように取り組んでいるか。そして、その課題。
とお客様・社内へ浸透の仕方をメインに発表して頂きました。

立ち上げたばかりの会社さんから、売上げ1億円・5億円・10億円・50億円・大きい会社では売上げ200億円を越える企業と多種多様な企業が参加しました。会社のステージによって取り組みや課題が大きく異なる点は非常に勉強になりました。

しかし、共通点としては、ワクワクマーケティング実践していくには、それなりに時間が掛かる。根気強くやっていく。という点では、売上げや規模に関わらず重要な共通点でした。

また、皆さん他企業の取り組みは、大変興味深かった様で、ワクワク系マーケティング熟練者でも学びを得た会となりました。





「顧客の旅デザインマップ」実践ワークショップ659

開催日
2018年6月4日・6月25日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

ファシリテーター
青野志のぶ

6月は、「顧客の旅デザインマップ」ワークショップを4日と25日の2回開催いたしました。年間スケジュールでは4日のみの開催予定だったのですが、キャンセル待ちが続出したため、急遽25日の追加開催となりました。3月開催の時もその前の回がキャンセル待ち多数となったための追加開催でした。大好評の当セミナー、毎回追加開催できるとは限りませんので、次回参加希望の方はお早めに。会員専用ホームページ「WAKUBI」からの先行申込みをご活用下さい。

さて、青野のファシリテートに従い、「顧客の旅デザインマップ」を使って『仕組み創り』を実践するこのワークショップ。自社について深く集中して考えていくと、今まで思いつかなかった新しいアイデアが湧き出てきます。4人1グループでのシェアタイムでは、意外なアイデアをメンバーからもらえたり、メンバーへのアドバイスのつもりが自社への取り組みに活かせることに気付いたり、といったような創発が起こります。

ワークの最後は、すぐに取り組む実践目標と期限、そしてそれを達成した時のご褒美を決めメンバーに宣言しました。
実践結果のエントリーをお待ちしております。


<参加者のご感想>
4日ご参加のチャコさん(仮名)のご感想


25日ご参加のケイズグループ・高松葵さんのご感想






ワクワク系勉強の場 in 武蔵野658

開催日
2018年5月28日

場所
東京・武蔵野

5月28日武蔵野勉強の場を開催しました。

今回のお題は、あと10センチ届くトング(高齢者向け補助器具)と立地抜群なのに伸び悩んでいる吉祥寺ミート酒場(イタリアン酒場)を題材に掘り起こしをしました。 

あと10センチ届くトングは、なかなか序盤は良い掘り起こしが出来ずに苦戦していました。しかし「料理用トングとどこが違うの?」という質問から、ドンドン良い意見を貰う事が出来ました。

そして、吉祥寺イタリアン酒場の立地抜群なのに、なぜか繁盛店にならない(上野等のお店は繁盛しているのに・・・。)お店の掘り起こしです。
色々掘り起こしをする中で、一番皆さんが感じた事は、「価値観が一致してなく、お客様に良さが伝わっていないのでは?」と言う事でした。

そして、勉強会終了後、頭や机で感じるだけ終わるのではなく、実際にお店に行ってみよう!と、言うことで、懇親会を東京ミート酒場で行いました。料理は、無化調で素材にこだわった(お世辞ではなく!!)本当に美味しい料理ばかりでした。(めちゃウマです)

最後に、午後から懇親会まで、今日は一日ワクワク系につかる事が出来た勉強の場でした。アットホームな雰囲気でやっています。次回、お近くの方はぜひともご参加ください。お待ちしています。





ワクワク系勉強の場 in 東京657

開催日
2018年5月28日

場所
東京都

幹事
戸村亮介さん

今回は、駿河屋のモデルルームにお集まりいただき東京・勉強の場を開催しました。

進行は、自称:スイーツ界のラストサムライ 株式会社モンマルトの笹田さん(勉強会での愛称は「イチゴさん」です)に、進行を務めていただきました。

勉強内容は、駿河屋のビジネスモデルについての説明をした後には、スタッフが作った「顧客の旅デザインマップ」を使い説明をした後に皆さんにも付箋をはっていただきました。

顧客のデザインマップでは、弊社の悩みでもある既存顧客との絆づくりについても皆さんが書いた沢山の付箋をはっていただき気づかされる事が沢山ありました。
これまで自身がおこなっていた、顧客との絆づくりとは違う視点からご意見を言って頂いた事は、本当に目からうろこの状態でした。
皆さんからの容赦ない質問やご指摘には、私自身丸裸にされた感じでした・・。
そうやって言って頂けることが本当にうれしく、ありがたい東京・勉強の場でした。

進行役をやっていただいたイチゴさん、東京・勉強の場のメンバーの皆様
本当にありがとうございまいした!

今回の勉強会の内容をスタッフとも共有をしながら、ちゃんと実践へとつなげていけるようにしたいと思います。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 沼津」653

開催日
2018年5月28日

場所
静岡県沼津市

場立て人
櫻井康雄さん

沼津での初場立、盛会のうち無事終了することができました。参加メンバーは県外の方など沼津を中心に半径50キロメートル内の方がいらっしゃらない珍事が発生しました。皆さん遠方よりの参加で場立人は感謝感謝でした。

さて、簡単な自己紹介の後、実践に関しての問題提起がなされ それに関しての無責任なアドバイスが矢継ぎ早に出てきました。出るは、出るは泉のごとくアイディアが出てきて、それが何らかの形にまとまるのですからすごいの一言。これぞ創発の力、場の力だと痛感しました。

程よくアルコールが回ってきたところで、家族の絆と仕事の両立についてワクワク系的考察に議論が白熱いたしました。普段家族に対して思っていることなどが深堀されていきました。話は尽きませんでしたが再会を誓い解散となりました。

参加されたメンバーの方々に改めて感謝いたします。ありがとうございました。





ワクワク系勉強の場 in 八王子656

開催日
2018年5月21日

場所
埼玉県さいたま市

今回、足と靴の相談室 TOMOEの長谷川さんと幹事を担当させて頂きました。

2人とも初めての経験で段取り・進行がスムーズに進まなかったのですが、先輩方のお陰で無事に終えることが出来ました。

参加者は21名で4グループに分かれ今回のテーマの「絆づくり」について各自が持ち寄った「ちりばめ」をグループ内で発表。各グループとも盛り上がっていました。

その後、全員集合して個人発表。

参加された方から「少し忘れかけてかけていた、ワクワクどきどきを思い出すことができました」との感想もありました。

「勉強の場」ならではの創発と学びがあり「場につかる」ことの大切さを感じました!!





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 名古屋」648

開催日
2018年5月16日

場所
愛知県名古屋

場立て人
坂東俊さん

5月16日に開催されました名古屋場立てに関しまして、レポートさせていただきます。

当初、自分を入れて16名の定員予定でしたが前回同様、予想を超える応募があり、22人と盛大な開催となりました。

「打ち上げは毎回決まった場所」というオラクル方式に習い、前回と同じ今池の焼き鳥屋さんへ。
相変わらずの盛り上がりを見せ、そして相変わらずラストオーダーを聞きに来ないというお店の人の巻き込みぶり・・・。

自分で時計を見て帰り出す方もちらほら出るという申し訳ない事態に相成りましたがそれだけ盛り上がったということで・・・・。

そして、話に盛り上がり過ぎて報告用の集合写真を取り忘れるという致命的なミスも・・・。
セルフィーと、棟梁のヅラ写真を添付いたします。

前回・今回と続けての反省点ですが、人数が多いとそれだけ多くの方と触れ合う機会は多いものの、席が離れた方との接点は全体での「自己紹介タイム」と名刺交換の時だけ、となりがちなため次回以降開催の際は席替えなど途中で入れていこうと思います。

尚、2次会に参加したメンバーは朝4時過ぎまで熱く語りました。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 横浜・野毛」647

開催日
2018年5月8日

場所
神奈川県横浜市

場立て人
近藤さん

全国のワクワク系の同志のみなさま、こんにちは。はじめての方は、はじめまして。わたしは横浜の燃料サービス業のガスお助け隊のこんちゃんです。

今回の場立ては「ディープな野毛をめぐる」と書いてましたが、参加者10名のうち他県の仲間が半数でしたので駅からすぐ近くの居酒屋「一ノ蔵」に
決めました。ちょうど一年前に野毛に詳しいナベさんに教えていただいたお店です。(日本酒好きな方は来てみてください。)

今回の横浜の場立てですが・・・参加者が(久々に)多く、オラクルからの名簿を見てびっくりしました!なんと9人!(その後おひとり増えました。)

真鶴の石材店の亀川さん(情報誌掲載おめでとう!)、パソコン相談サロンの坂口さん、横浜のプロボウラー金太さん(矢野さん)、カメラスタジオの本吉さん、オウジサマアイランドの福田さん、お肉屋さんの吉田さん、名入れカレンダー屋さんの遠山さん、横浜の獣医さんの岡田さん、相模原たまご街道からおこしの田中さん、横浜のガス屋のこんちゃんの10人でした。
事前に場立て案内におひとり2~3分の自己紹介をしてくださいと宿題を出しましたので当日は「場のガイドライン」を一文づつ読んでもらい、自己紹介していただきました。

入会したばかりのかたが多く、「とりあえず場に浸かろうと思って申し込みました」というアジャイルさにみんなびっくりしました。

それだけでなく、「入会してすぐDVD見ました」という方も多く二重三重にびっくりでしたが、そういう仲間ですと、会員歴の差をあまり感じることも無く「共通言語」
で語り合うことに心のハードルが低いのかな?と感じました。

入会して一ヶ月も経っていないのに「とりあえず『21日間感動プログラム』をどうしていいか分からないけどサンキューレターだけやってみたら喜ばれました!」というかたもいて、次回からは「とりあえず、これやってみた!」の発表会もやりたいと思いました。

小阪先生もチーフ肥前さんも最近は「分からないでいいから、とにかくやってみる」ということをあちこちで言っています。場に出ると「とりあえず、あれやってみました!」と
自己開示してくださる仲間が増えてきました。これからは場立てでもそんな発表の場をつくろうと思いました。

参加者のみなさまありがとうございました!







地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 静岡」646

開催日
2018年4月30日

場所
静岡県

 





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 吉祥寺」645

開催日
2018年4月26日

場所
東京・吉祥寺

第一部

後藤から開催趣旨と今後についての提案
最近の情報紙や各人近況からワクワク的活動報告を行い、第一部は小人数なのでとても深い話で二時間盛り上がりました。

第二部

四屋さんのお店トスカーナにてお店のこだわり等の説明を聞き飲みながらの歓談、初対面の方もあり自己紹介に続き昨年のグランプリ受賞の西嶋さんに中心に話題沸騰、あっという間のオーダーストップで終了。その後近くのもう一軒の四屋さんのお店に全員で見学、看板の見え方やスタッフさんへのワクワク的感想など楽しく勉強になる場立てとなりました。





ワクワク系勉強の場 in 八王子652

開催日
2018年4月24日

場所
東京・八王子

幹事
戸村亮介さん

第2回目となる今回は10名の方にご参加頂き、うち1名の方が初参加でしたので改めて自己紹介から行ないました。

今回は2グループに分かれて前回発表して頂いた各々の課題進捗報告をし、時折席替えもして、後半は「絆作り」を中心に話し合われました。

課題進捗報告では、お店紹介チラシを作って店の前に置いた場合、置きっぱなしではなく、毎日何枚持っていってもらったかを計測する重要性や、お客様が自店に来てくれる理由である「よく説明してくれるから」という強みを店頭POPに活かした実践事例なども共有しました。

絆作りについて話し合う時間では各自の取り組み状況から、事例の共有とまねぶできそうなものをやってみることから各々がヒントを得ていました。

最後には、各々が次回までにやってくることを皆の前で宣言しましたので、第3回目での共有が楽しみです。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 両国」644

開催日
2018年4月24日

場所
東京・両国

場立て人
池田克信さん

去る4月24日。相撲の聖地両国。16:00力相撲石像前。まずは集いし物好きの中年男4人。単につかり王が大好きな場所…という理由だけで、リニューアルオープンほやほやの「江戸東京博物館」巡りへ。

館内のリアルなしつらえに、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような「脳内トリップ」を敢行。「江戸」という魔物の魅力に引き込まれてしまいそうになった。

閉館まで90分…全く見足りない…食傷気味ギミシェイク!また今度行こ!
…そして18:00両国らしく店内に土俵があるという相撲居酒屋に全員酒豪…じゃなくて参加者計16名(+1枚名)全員集合!!

新しい方から古い方までが組んず解れつの大創発大会へとなだれ込んだのです!
下町で商いをされている方たちが多かったこともあり、なんとなく「てやんでえ!べらんめえ!」感覚があり、田舎モンのくせに江戸好きのつかり王にはなんともたまらないワンダーランドとなりました。

まずは参加費をお釣り無く持ってきた方限定で、つかり王から「あの伝説的マジナイ?」をかけてもらえる特典儀式を敢行。
はたまた、社長のアカデミー賞カーニバル2017準グランプリの中塚緑さんに、ビッグフェイスの大吉さんから「準グラ記念Tシャツ」の贈呈式も敢行。
そして、当日残念ながら参加が叶わなかったロマン産業の小山さんはA4サイズの「強制的2次元的参加」をさせられ、2次元的にいじくり回されておりました(たぶんご本人はクシャミが止まらなかった事でしょう)。

中には場立て初参加のメンバーもおり、「こんな感じなんですねぇ…」と感心しきりになっておりました。懲りずに次回も参加される事と思われます(≧∀≦)

さすが大江戸両国らしく、最初から最後まで創発中のBGMは相撲甚句…。盛り盛り上がりの雰囲気をさらに促進しておりました(≧∀≦)

皆さまそれぞれにエネルギーを持ち帰られた事でしょう!!





ワクワク系勉強の場 in 東京651

開催日
2018年4月23日

場所
東京都

幹事
坂井清峰・祐江さん

4月・桜と言えば「坂井善三商店」

ジーマこと西島さんのファシリテーターのもと、ほぼレギュラーメンバーの14名が、現場に於いての質問の量稽古という名目で「善三」を徹底解剖し、その後、場所を会議室に移し、みんなで顧客の旅デザインマップに落とし込みながら、自店、自社に置き換えられる創発の場といたしました。
 
そして坂井善三商店に「無責任だからこその提案」を宿題に、熱いハートのまま「場立て」への移動となりました。





ワクワク系勉強の場 in えひめ639

開催日
2018年4月23日

場所
愛媛県松山市

幹事
柚山宏和さん

みなさん、お疲れ様です! 今回幹事を仰せつかりました他己社長です。
平成30年4月23日の18時からみっちり3時間、愛媛県松山市一番町にて「えひめ勉強の場」を開催しました。参加者は8名でした。

えひめ勉強の場は、「プレ勉強会」と「本勉強会」に分かれており、基礎の確認をした後に実践・応用について勉強する流れとなっています。

プレ勉強会では、今回テーマである「絆づくり」の基礎を参加者メンバー全員で確認しあいました。絆づくりに必要な要素として、自己開示、情緒的体験、有益情報、適度な接触頻度、顧客の参加などがあげられました。

また、本勉強会では、絆づくりの一例として、ワクワクネームをみんなでつけ合い、めちゃくちゃ盛り上がりました。私はめでたく「他己社長」に就任。その他、ビクトリー、イージー、マルチーズ、南ちゃん、ホナミン、リョウマ、デニッシュなど、キャラに基づいたワクワクネームが誕生しました。懇親会も焼肉食べ放題でお腹いっぱい大満足~(^^)
以上、ご報告でした。





地元でワクワク系の「場」を立てる「場立て in 板橋」636

開催日
2018年4月23日

場所
東京都板橋区

場立て人
坂井清峰・祐江さん

23名参加のうち13名は13時からの東京勉強の場からそのまま参加、そこに大阪からお越しの射場さん始め10名の参加があり、その内8名は入会して間もない方でした。

三テーブルごとに指定席を決め、ベテランと入会間もない方が交流を深められるよう工夫し、後半は席替えタイムでフリートーク。座敷だったので、車座に語り合う場面もありました。
 
ネオママを始め、多くの方が差し入れをしてくださり、お腹と頭と心と両手いっぱいのお土産をいただけた場立てだったと自負しております💛

皆さま、後片づけまでありがとうございました。





第5回お勤め人向け・勉強の場650

開催日
2018年4月20日

場所
実践会サロン&ライブラリー(新横浜)

幹事
林隆紀さん

昼間は初夏の陽気を思わせるようになってきた4月20日。
お勤め人向けの勉強の場も2年目に入りました!

今回は
1.価値要素採掘でチラシ作成まで行うこと
2.小阪先生の著作 「ありがとうと言われる商い」 からの学び
がテーマです。

・ネームプレートづくり(色画用紙を三つ折り。全員から見えるように三面とも記名し立てる)
・Good&New
・ガイドライン読み合わせ

4月号からは保存版(2018/4/15修正版)となりました。
4/16発送でしたが到着まで4-5日かかるケースもあることから、3月号(修正前版)を指定していたつもりでしたが、周知が足りず新旧混ざってしまいました。


価値要素採掘と書籍からの学び
採掘対象(2チームに分かれて実施しました)

・たびこふれの田中さん:自社のオウンドメディア「たびこふれ」について
・光パイピングの出浦さん:自社で取り扱う卓上型食器洗浄機について

それぞれのサービス・商品をだれが使うのか、利用者にとってどんないいことがあるのか?
をどんどん掘っていきました。
そして最後にチームごとに各員が対象者を売り込むチラシを作成し、シェアしました。
(目的はチラシそのものよりも脳を使うことにありますので、出来の良しあしは無関係です。)
お勤め人の場としては初めてのチラシ作りとなり、新しい経験・勉強となったようでうれしい限りです。


ありがとうと言われる商い

前回の場で、今回のテキストと決まった本書。
「お勤め人として何ができるか、を考える時間をとる」こと、としました。
あまり時間を取れなかったため、第2章の1-6についてどれかを選んだうえで自社または自己の業務について考えていただき、発表をしていただきました。

残りの部分については宿題ではありませんが、自分で考える材料にしていただきました。


時間管理ツール

時間の管理はなかなか難しいものですね。
途中で調整用の休憩時間を用意したもののギリギリとなってしまいました。
今回はタイムテーブルを配布したうえでTimeTimerやアプリなど使用しました。

ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいた事務局の皆さん、ありがとうございました!



次のページ >   
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233