TOP >  小阪裕司の、商売の極意と人間の科学




第0回 『この番組を初めて聴かれる方へ
     ~小阪裕司は何者なのか?この番組の聴きどころは?~』



第99回『続ける』(2018/6/21)

第100回までカウントダウン第二弾。

今回は、
第98回「始める」に続く「続ける」です。

始める以上に続けるが苦手な人、
多くありませんか?

始めてはみたものの続けられるのか?
楽しければ続けられるけど…。
では、楽しいって?

さて、小阪的続けるコツ。
どうぞ今回も、続く次回の第100回も、
楽しんでお役立て下さい。

(配信日:2018/6/21、収録時間 00:19:42)

【ワクワク系マーケティング説明会受付中】
2018年 7月 3日(火)13:50~16:30 熊本
2018年 7月 9日(月)13:50~16:30 新横浜
2018年 7月26日(木)13:50~16:30 長野
2018年 8月 1日(水)13:50~16:30 札幌

詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php


第98回『始める ~始める極意~』(2018/6/7)

「始めることのポイントは2点!」

番組内で小阪が、
「人にとって始めることのポイントは2点」
と、明確にお話しています。

2点って何?

2014年の9月に始まりました、
「小阪裕司の、商売の極意と人間の科学」

今回第98回を迎え、
第100回まであと3回とカウントダウンが始まりました。

これにともなう、
今日のテーマは「始める ~始める極意~」、
そして次回第99回は、「続ける・継続」です。

どうぞ今回も次回も第100回も、
楽しんでお役立て下さい。

(配信日:2018/6/7、収録時間 00:16:55)

【ワクワク系マーケティング説明会受付中】
2018年 6月21日(木)13:50~16:30 浜松
2018年 7月 3日(火)13:50~16:30 熊本
2018年 7月 9日(月)13:50~16:30 新横浜
2018年 7月26日(木)13:50~16:30 長野
2018年 8月 1日(水)13:50~16:30 札幌

詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php

第97回『創作者』(2018/5/24)

今頃ですが、ゴールデンウィークを映画三昧で過ごした小阪。
今日はそこからの気付きをお話いたします。

今回の番組でお話に出てくる映画およびシネマコンサートは次のとおりです。

シネマコンサート「007 カジノロワイヤル」
http://007crconcert-japan.com/

シネマコンサート「ラ・ラ・ランド」
http://www.promax.co.jp/lalalandinconcert/

映画「セッション」
http://session.gaga.ne.jp/

映画「アマデウス」
*小阪は2017年のシネマコンサートで観たので、
 番組内で「最近の映画」と言っていますが、1984制作の映画です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

さて、どんなお話になるでしょうか?

ちなみに、
「シネマコンサート」の初期、
2012年9月の
『「ウエスト・サイド物語」シネマティック・フルオーケストラ・コンサート』
(指揮=佐渡裕 演奏=東京フィルハーモニー交響楽団)
からシネマコンサートにはまっている小阪は、

番組内で「シネマオーケストラ」と申しておりますが、
昨今は「シネマコンサート」と言うようです。

どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

(配信日:2018/5/24、収録時間 00:15:29)

【ワクワク系マーケティング説明会受付中】
2018年 6月21日(木)13:50~16:30 浜松
2018年 7月 3日(火)13:50~16:30 熊本
2018年 7月 9日(月)13:50~16:30 新横浜
2018年 7月26日(木)13:50~16:30 長野

詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php





『小阪裕司の商売の極意と人間の科学』を楽しんでお聴きいただき、ありがとうございます。

まだまだ聴き足りない、楽しみ役立てたい、そんなあなたに…。

ごく簡単、しかも無料のご登録をいただくだけで、

『小阪裕司の商売の極意と人間の科学』と、
200タイトルを超える旧番組『小阪裕司のワクワクビジネスボイス』
全バックナンバーがお聴きいただけます!

一部時事のテーマもありますが、本質はぶれない小阪裕司。
どのタイトルも楽しんでお役立ていただけます。

こちらのページからどうぞ。  
無料ご登録ページへ →