TOP >  オラクルアーカイブズ >  オラクルのはじまり



Vol.7:2004年10月18日

前回の続きをお話いたしましょう。
(今回から読み始めた方ごめんなさい。
 バックナンバーをご覧下さいね。)

 
本社の指示でみえた社内研修会の先生のお話は、
その先生独自の社会趨勢・ものの見方、
そこからの新規事業戦略とか実現可能性の検証とか、
だったようです。

ようです、と申しますのは、
わたしは営業職でも制作部の管理職でもありませんでしたから
その受講対象者ではなかったのです。
様子は小阪から聞いてはおりました。
いかにおもしろいかを熱く語っておりましたので。


しかし小阪以外の参加者は、
何やら先生のお話がぴんとこなかったようで。
理由をつけては1人抜け、2人抜け。
最後はほとんど小阪1人になってしまいました。

1対1の研修会の為に、会社はいつまでも費用負担はできません。
経営陣から小阪にも打診があった上で、研修会は中止、
先生にはおひきとりいただくことになってしまいました。


小阪の冒険が始まろうというところなのに、
いきなりピンチ!
さあどうなるの?!


それではまた。

< 前のページへ   次のページへ >
123456789101112131415161718192021222324252627282930