TOP >  オラクルアーカイブズ >  オラクルのはじまり



Vol.30:2006年08月02日

30回にも渡りお話ししてまいりました
私の回想も、そろそろ現在に至り、
終わりの時が近づいてまいりました。

ワクワク系マーケティング実践会の設立・その後について
前回お話しいたしましたが、
それから6年と4ヶ月が経ちました。

今思うと、オラクル設立から13年と10ヶ月経ち、
その内の実践会を立ち上げてからは比較的安定して成長して
いるように感じます。

もちろん、様々な悩みや
「ここは息をとめて突き抜けるしかない。」
と思うような多忙な時期もありました。

悔しくて泣いたことも、嬉しくて泣いたことも。

それでも安定していたと感じるのは、
人生が立ち止まらざるおえないかのような、
大きなトラブルはなかったからだと思います。

それ以前には、このコーナーではお話しできないような
“事件”もありましたから…。
それらの谷と闇の前で、その時は立ち止まったかに思った出来事も、
その後の成長の大きな力になっていたと今は思えます。


安定・成長を感じることができるようになった具体的な理由は、

○今までの学びから大きなトラブルになりそうな前兆をキャッチし、
 学び、修正できるようになってきたこと。
○固定収入の確保と、売り上げを意図的に創ることができるように
 なったこと。
○「春夏秋冬理論」などで有名なアストロロジャーの來夢先生とのご縁で、
 人生の流れのガイド情報を得、活用できていること。
○現在3人の社内スタッフがいますが、仕事の能力以上に、
 信頼できる「人」に恵まれたこと。
○高いレベルで成長し続け、切磋琢磨できる仲間に恵まれたこと。
……
たくさんあるなあ。

このように思い出しながらお話をしていると、
本当にありがたいご縁や環境の中に今あることに、
感謝の思いでいっぱいになります。

ありがとうございます。


今オラクルは新しい大きなステージが見えてきたところにいます。
「安定・成長を感じているのなら、それで充分じゃないか。」
ささやく声も聴こえないわけではありません。

この回想の最後に、今の気持ちを…。


『人生に、自分が歩いてきた道の先に、
 新しいステージが立ち現れてくると、
 それは常にファイアーウォーク。

 そして私たちの人生にも、このような瞬間が訪れる。
 いろいろなものを背負ったまま、
 ファイアーウォークの火以上の火をわたる瞬間が。

 だからこそここで大事なことは、渡るか渡らないかなんだと。』



『渡り始めたら、渡れるのか渡れないのかではなくて、
 渡るしかないんです。
 だから、私は私に対しても、いつも真剣に自問自答します。
 「それでも行くのか?」と。
 でも行くのです。行きたいのだから。
 そう、開花のエネルギーが、トントンと私をノックするのだから。』

              (小阪裕司著「天職の作法」134頁より)


長い連載におつきあいいただき
本当にありがとうございました。



それではまた。

< 前のページへ  
123456789101112131415161718192021222324252627282930