TOP >  オラクルアーカイブズ >  オラクルのはじまり



Vol.13:2005年02月04日

旧暦新年、元旦ですね。
あけましておめでとうございます。

気がつくと、私の話は第1号からずっと続きのようなものです。
今回からは冒頭に<連載>とすることに致しました。

「この話はいつ頃のこと?」
「いつになったらオラクルや花伝ができるの?」
「小阪さんが本を出すのはまだ?」
などという声が聞こえてきそうですので、
今回はざっと年表をお話します。
(あくまで私の記憶なので正確ではないところもあります。)

1988年以前  小阪は婦人服売場のチーフだった。
          広告代理店に移動になりイベント部門を創った。
          数々のイベントをてがけた。
          イベント部門の管理職になった。
1988年3月  青野が広告代理店に入社。小阪裕司に出会う。
          当初は制作部の映像部門配属だったので直属部下では
          なかった。
1990年春?  青野が念願のイベント部門へ移動。
          小阪の部下となる。
          (しばらくは映像とかけもち)
1991年春?  社内勉強会にマーケティングの先生がみえる
1991年秋?  小阪が先生へ押しかけ個人弟子となる
1992年春?  青野、食品展示会で地味なブースを担当する
*ここまでが前号までのお話
1992年初夏  青野広告代理店退社・2ヵ月後小阪退社
1992年10月1日
         有限会社オラクル設立
          (通称オラクルひと・しくみ研究所)
1997年12月 小阪処女作
          “ワクワクするビジネスに「不況」はない”出版
1997年12月 高島亮氏に出会う
          (今日への流れに向かう大きな出会いだったと後にわかる)
1998年秋   神田昌典氏と出会う
2000年1月  2冊目
          “毎日お客が来たくなるマーケティング実践術”出版
2000年4月  「ワクワク系マーケティング実践会」設立
          この頃から最初の日経MJ連載「千客万来」始まる
2000年8月  3冊目
          “「惚れるしくみ」がお店を変える!”出版
2001年11月 4冊目・5冊目同月出版
          “失われた「売り上げ」を探せ!” 
          “ワクワク系で10倍幸せに仕事をする”
2002年7月10日
         有限会社花伝(かでん)設立
2002年8月  6冊目
          “「仕事ごころ」にスイッチを!”出版
2003年7月  7冊目
          “「儲け」を生みだす「悦び」の方程式”出版
2004年5月  8冊目“天職の作法”出版
2004年6月  9冊目“冒険の作法”出版
2004年12月 10冊目
          “この世の中で一番知りたい
          「儲けの手帳」公開します!”出版
現在 

と、なります。
前号までの私の話は、1992年の春頃(多分)ということです。
現在になるのにはいったい何年かかるのか…。
どうぞ気長におつきあい下さい。
 
          
それではまた。

< 前のページへ   次のページへ >
123456789101112131415161718192021222324252627282930